Mirror-DTCはクロスプラットフォームに対応する高速・軽量なリモートデスクトップソフトです。
CPU/ネットワークリソースの消費を抑えつつ、高FPSでの動画再生にも対応します。

Windows/OS X/Ubuntu/Android(クライアントのみ)で利用できます。


■機能概要
・デスクトップ映像/音声/ファイル/クリップボード転送
・漢字/Windowsキー等の特殊キーにも対応するキー入力転送
・ホイール付き3ボタンマウス対応のマウス入力転送
・アニメーション・XOR表示にも対応するマウスカーソル表示
・固定倍率/可変倍率/領域指定での接続画面表示
・接続画面のウインドウ/全画面表示
・デュアルモニター環境での個別/合成モニター表示
・ログオン・ロック・UACダイアログ画面対応
・Windows7のAero停止機能
・モニタリング用操作禁止機能
・転送データの暗号化/認証機能
・Wake On Lan対応機能
・Windows/OS X/Ubuntu間でのシームレスな接続
・Android機器からWindows/OS X/Ubuntu機器への接続

■技術概要
・用途/環境に応じて選択可能な3種類の画像圧縮方式
・画面映像とのズレが少ないリアルタイム音声転送
・クライアント/サーバー/ネットワーク負荷を軽減するECOモード
・ネットワーク速度に柔軟に対応できる様々な動作モード
・AES-256をベースにした独自の暗号化/認証機構
・SHA-1をベースにした転送パケットの検証機能
・リアルタイム性の高いUDP接続/汎用性の高いTCP接続

■画像圧縮方式の概要
概要CPU負荷画質圧縮率
デスクトップ圧縮デスクトップでの通常操作に最適化した軽量コーデック
映像圧縮低速ネットワークでもスムーズな動画視聴を可能化
ストリーミング圧縮デスクトップ操作/動画視聴の双方に高い圧縮率を提供

更新履歴

※各バージョンの変更内容の詳細については作者ブログのMirrorCommanderカテゴリを参照して下さい。


最新バージョン (Windows版)
アップロードバージョン備考ダウンロード
2017/11/011.3.1ファイル転送機能の強化/Windows10向け対応/モニター・オーディオ環境への配慮等ダウンロードページを開く

【対応OS】
Windows7 〜 10 (Vistaでの動作確認は行っていません/XPでは動作しません)

※動作確認は日本語環境(JIS配列キーボード)で行っています。
※32/64Bit環境の双方に対応し、64Bit環境では64Bitビルド版が利用できます。
※WindowsXPに対応する旧版との接続互換性は確保されています。
※旧版(Ver1.2.3)も上記リンクからダウンロードできます。(WindowsXP以外での使用は推奨しません)


■非Windows環境用の最新版

Mirror-DTC for Mac
アップロードバージョン備考ダウンロード
2017/10/121.3.1ファイル転送機能の強化/TCP接続時の安定化対策等ダウンロードページを開く

【対応OS】
OS X 10.8 〜 macOS 10.13

【概要】
・Objective-Cを使用したネイティブバイナリ (64Bitクライアント/サーバー)
・OS X 10.8で追加された専用APIで低負荷/高レートキャプチャーが可能なサーバー
・OpenGLで高速/低負荷な画面描画が可能なクライアント
・Retina(HiDPI)モードにも対応

※上記のダウンロードページで、Mac OS X 10.6 / OS X 10.7でも利用可能なJava版(Ver1.2.3.2)もダウンロードできます。

Mirror-DTC for Ubuntu
アップロードバージョン備考ダウンロード
2017/10/181.3.1ファイル転送機能の強化/ダイアログ表示形式の変更等ダウンロードページを開く

【対応OS】
Ubuntu14.04LTS~18.04LTS (LTS版でのみ動作確認しています)

- ご注意 -
・Ubuntu18.04LTS(64Bit版)では16.04LTS用(64Bit版)が動作する事を確認しています。(デフォルトのX11環境でのみ動作確認)
 ただし、Ubuntu 18.04 LTSには動作に必要なgtkmmライブラリがプレインストールされていません。
 このため、まだインストールされていない場合には、端末から以下のコマンドでインストールして下さい。
 sudo apt-get install gtkmm-3.0-1v5
 
・Ubuntu 18.04 LTSでは、LightDMが廃止された事に伴い、ログイン対応機能は動作しません。
 ただし、Ubuntu 18.04 LTSには、「自動起動するアプリケーションの設定」アプリが搭載されています。
 このため、自動ログイン設定と共に、このアプリでサーバーの自動起動を設定しておけば、起動/再起動後に接続可能とする事は出来ます。
 
・Ubuntu 18.04 LTSでは、フォント等が変更された事から、ダイアログで一部のテキスト表示が別部品で隠されたりします。
 ただし、機能上の問題はほぼ無い筈ですので、Ubuntu 18.04 LTSに向けた微調整は次バージョンからにする予定です。

【概要】
・gtkmmを使用したC++ネイティブバイナリ
・Xウインドウシステムの拡張ライブラリを使用する高速/多機能なサーバー
・OpenGLで高速/低負荷な画面描画が可能なクライアント
・仮想Xサーバーにも対応 (別セッションのデスクトップを操作可能)

※上記のダウンロードページで、Ubuntu12.04LTSでも利用可能なJava版(Ver1.2.3.2)もダウンロードできます。

Mirror-DTC for Android
アップロードバージョン備考ダウンロード
2016/02/291.3.0Win版のVer1.3.0に対応する各種変更(ストリーミング圧縮/音声転送・減色改善等)ダウンロードページを開く

【対応OS】
Android2.3以降 (最新確認OS: Android7.1)

【概要】
・Java+JNIを利用した高速バイナリ (32/64bit-ARM・32/64Bit-Intel/Mipsクライアント)
・OpenGLで高速/低負荷な画面描画が可能
・OpenGL ES2.0を利用したGPU支援デコード
・マルチタッチ操作にも対応 (拡大縮小/スクロール/ソフトキーボード入力)

※ダウンロードページではAndroid機器用のクライアントプログラム(apkファイル)のダウンロードのみ行えます。
※接続するPC/Macでは、そのOS用のMirror-DTCサーバーをインストールして稼働させておく必要があります。


= 基本情報 =
MCClient - 接続ダイアログ
MCClient - メインメニュー
MCClient - 現在の設定を保存ダイアログ
MCClient - 登録情報の編集ダイアログ
MCClient - 登録サーバーリストダイアログ
DTCService - スタートメニュー項目
DTCService - 設定ダイアログ
簡易サーバー - 起動ダイアログ
環境依存問題の回避設定
= 追加情報 =
ファイアウォールの設定方法
ネットワークアダプターの設定方法
Wake On Lanの利用方法
低速なネットワークでの利用方法
サーバープログラムの使い分け方
XPでのサーバー用環境設定
Mac OS Xでのサーバー用環境設定
Ubuntuでのサーバー用環境設定
Mirror-DTC for Android ヘルプ
= 関連サイト =
作者のブログ
作者のホームページ
窓の杜の紹介記事 (Ver1.3.0)
窓の杜の紹介記事 (Ver1.2.3)
窓の杜の紹介記事 (Ver1.2.2)
窓の杜の紹介記事 (Ver1.2.1)
窓の杜の紹介記事 (Ver1.2.0)
窓の杜の紹介記事 (Ver1.1.0)
窓の杜の紹介記事 (Ver1.02)
窓の杜の紹介記事 (Android版)