このページでは、T.Ishiiが公開しているソフトを紹介しています。
ダウンロードはリンク先の各ソフト用ホームページから行えます。

開発中ソフト等の最新情報は作者のブログを参照して下さい。



 公開ソフト一覧

ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
AmuseGraphicsVer1.3.12016/09/09Windows7〜10シェアウェア
amusegraphics

(2017/08/15: AG-ムービーカッター for Ubuntu Ver1.3.1.5を公開)
(2017/08/15: AGMPlayer for Mac Ver1.3.1.1を公開)
(2017/08/12: AGMPlayer for Ubuntu Ver1.3.1を公開)
(2017/07/13: AmuseGraphics Ver1.3.1 Update Pack 3を公開)
(2017/07/10: AGMConv for Win/Mac/Ubuntu Ver1.0.3を公開)
(2017/07/03: AG-ムービーカッター for Mac Ver1.3.1.1を公開)

<概要>
スライドショームービー/動画作成も行える多目的グラフィックスソフト

<紹介>
静止画の閲覧/加工をベースにしたソフトですが、数万枚規模の画像を同時に扱えるため、 ちょっとした動画クリップの作成/編集にも使えます。 効果付スライドショーの作成/再生/動画ファイル化機能、Webカメラ/デスクトップレコーダー、ムービーカッターといった、 動画が主体となる機能も装備されています。

手持ち画像を加工してブログ/HP用素材を作成したり、 スライドショー機能を使って音楽映像クリップを作成したり、 既存動画を加工してオリジナルテロップを入れてみたり、といった具合に、 多目的に色々と使えるグラフィックスソフトです。

作成した動画ファイルは同梱のAGMPlayerを使ってネットワーク越しに他のWindows/Mac/Ubuntu/Androidマシンと共有できます。


ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
AG-WebカメラレコーダーVer1.3.12016/09/12Windows7〜10フリー
agcrec

<概要>
日時のテロップ表示とフレームレート制限が行えるWebカメラレコーダー

<紹介>
出力形式にはWMV/MP4とAVI用の各種コーデックが選択できます。 また、エンコード負荷が軽いオリジナル動画形式(AGM形式)も利用できます。AGM形式を利用すれば、非力なノートPCでもフレーム落ちの少ない録画が行えます。

通常の録画/録音機能に加えて、長時間録画時に便利な、録画日時のテロップ機能/フレームレートの制限機能が付加されています。

なお、本ソフトはAmuseGraphicsに添付されている同名ソフトの基本機能版です。AmuseGraphicsのホームページからダウンロードできます。



ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
AG-デスクトップレコーダーVer1.3.12016/09/12Windows7〜10フリー
agdrec

2015年 窓の杜大賞 銅賞

<概要>
オリジナルコーデックで高レート録画が行えるデスクトップレコーダー

<紹介>
出力形式にはWMV/MP4とAVI用の各種コーデックが選択できます。 また、エンコード負荷が軽いオリジナル動画形式(AGM形式)も利用できます。AGM形式を利用すれば、比較的高いフレームレートでの録画も可能です。

通常のリアルタイムエンコードに加えて、バッファリングエンコードも選択できます。 バッファリングエンコードでは、より負荷が軽く画質劣化も少ないオリジナルコーデックで録画後に通常コーデックで再エンコードします。 このため、リアルタイムエンコードではフレーム落ちが頻繁に発生するような大画面領域に対しても高フレームレートでの録画が行えます。

OSの機能を使った音声取り込みを行うため、ステレオミキサーの無いパソコンでも再生音を録音できます。 また、Windows8以降では、新しい高速画面キャプチャーAPIを使用している為、Windows7環境よりも快適な高フレームレート録画が行えます。

なお、本ソフトはAmuseGraphicsに添付されている同名ソフトの基本機能版です。AmuseGraphicsのホームページからダウンロードできます。



ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
AG-ムービーカッターVer1.3.12016/09/12Windows7〜10フリー
agmcut

<概要>
Media Foundation/DirectShow対応のプレイヤーにもなる動画編集ソフト

<紹介>
本ソフトには通常の動画プレイヤーと同様の再生機能が装備されているため、 切り出し領域の指定等は動画を再生しながら行えます。 表示中の画像は静止画ファイル/クリップボードに出力できます。 音声/映像トラックのみの切り出し/音声トラックの差し替えにも対応しています。

出力形式にはWMV / MP4 / AVI用の各種コーデックと処理負荷が軽いオリジナル動画形式(AGM形式)が利用できます。 AGM形式を利用すれば、編集作業用のエンコード時間等を短縮できます。 音声ファイル出力にはWMA / WAV / M4A形式を選択できます。

なお、本ソフトはAmuseGraphicsに添付されている同名ソフトの基本機能版です。 無劣化編集等のフル機能版の一部の機能は利用できません。


ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
AGMPlayerVer1.3.12016/09/12Windows7〜10フリー
agmplayer

<概要>
AGM動画をネイティブサポートするネットワーク視聴対応の動画プレイヤー

<紹介>
AGMPlayerはAmuseGraphics系ソフトのオリジナル動画形式であるAGM形式動画をネイティブサポートする動画プレイヤーです。

動画の管理用にサムネイルベースのライブラリビューが利用可能で、ライブラリ内の動画はネットワーク上で共有/視聴する事も出来ます。

Windows用のAGMPlayerは、Media FoundationとDirectShowに対応し、mp4 / mov / m4v / 3gp / wmv / avi等の広範な一般形式動画の再生、AGM / WMV / MP4形式への変換も行えます。

AGMPlayerはMac / Ubuntu / Android環境用にもリリースしています。
このため、Windows用AGMPlayerを使用すれば、WindowsPC上にある一般動画をAndroid機器やMac/Ubuntuで視聴する、といった使い方も出来ます。

- AGMPlayer for Android Ver1.2.2.4 -

AGMPlayerForAndroid

最終更新: 2015/04/24
(Google Play非対応機器用の野良アプリ版も公開しています)


ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
WaveClipperVer1.4.2.22016/09/13Windows Vista〜10フリー
waveclipper


<概要>
手軽に録音/加工が行えるオンメモリタイプのWAVファイル編集ツール

<紹介>
WaveClipperはWindows VistaのサウンドレコーダーがWAVファイルの録音/編集用に使えないため、従来のサウンドレコーダー相当のものをと製作したものです。 時代に合わせて最高192kHzのモノラル/ステレオ-8/16/24/32ビットPCMに対応させ、録音時間も延ばしました。
それだけでは面白みにかけるため、タイムストレッチ/ピッチ変更/イコライザ/エフェクタ/デジタルフィルター等も使えるようにしてあります。

2008年以降、長らく更新していませんでしたが、本ソフトはMasterReversiにも同梱しており、MasterReversiのHiDPI対応を行うにあたり、本ソフトについても2016年になって更新しました。

この更新では、HiDPI対応以外に、ループバック録音・m4a形式での出力機能の追加も行っています。

ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
TiExtenderVer1.1.02016/07/06OS X 10.9〜10.11シェアウェア
TiExtender


<概要>
MacにHiDPI表示やカスタム解像度等を拡張するステータスバーアプリ

<紹介>
作者はOS Xがリリースされた直後から、Macをサブマシンとして使い続けてきましたが、 手持ちのMac(MacBook Late2009)が古くなった事もあり、2015年の4月末にMac mini Late2014を購入しました。

最近のMac環境ではRetina(HiDPI表示)モデルが増えてきていますので、購入前には4kディスプレイを接続するつもりでしたが、 量販店にはMac miniで動作確認されている4kディスプレイはありませんでした。

このため、手持ちのフルHDモニターを接続して使い始めましたが、やはり、HiDPI表示が出来ないのは残念でしたので、 調査してみた所、HiDPI表示はOS Xの機能を使ってソフトで実現できる事が判りました。

ソフト的に可能であれば、自分で何とか出来ない筈はありませんでしたので、早速、このソフト(TiExtender)を開発しました。

TiExtenderでは、HiDPI表示に加えて、カスタム解像度の追加も可能にし、フルHDモニターで4kサイズの デスクトップ等も扱える様にしました。また、高解像度画面をそのまま使うと使い勝手に問題がありましたので、 拡大鏡機能等のその他の幾つかの機能も追加しました。

Ver1.1.0では、キーボード系の機能拡張としてスクリーンキーボード・キーボードマクロ機能を追加しています。

ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
Nostalgic UFO BattlerVer1.1.02016/06/09Windows7〜10
OS X 10.7〜10.11
Ubuntu14.04/16.04
Android2.3〜7.0
iOS8〜iOS9
フリー
nostalgic ufo battler


不具合修正版
2017/02/10 Nostalgic UFO Battler for Ubuntu Ver1.1.1

<概要>
童謡・唱歌のメロディーをBGMにしたレトロチックなシューティングゲーム

<紹介>
このゲームは、暇つぶし/気分転換用にAndroidアプリにするために開発を始めたものですが、 OpenGLベースで開発すれば他環境への移植も容易なため、開発当初からPCにも移植する予定でした。

このため、プロトタイプ版はUbuntu用として開発し、Android版はそれからの移植という形で完成させました。

その後、Android版はGoogle Playで公開できましたので、改良点をUbuntu版に逆移植し、 そのUbuntu版をOS X/Windowsにも移植して初版を公開し、Ver1.1.0のリリースタイミングで、iOS版も追加しています。

ゲーム内容は大昔からあるシンプルなものですが、BGMとのマッチングが癒しを与えてくれるかもしれません。


- Nostalgic UFO Battler for Android Ver1.1.0 -

NostalgicUFOBattlerForAndroid

(上記の画像をクリックするとGoogle Playのダウンロードページに飛びます)

- Nostalgic UFO Battler for iOS Ver1.1.0 -



(上記のバッジをクリックするとApp Storeのダウンロードページに飛びます)



ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
MasterReversiVer1.4.22016/04/27Windows Vista〜10フリー/シェア
masterreversi


<概要>
マルチコアCPU/64Bit版Windowsを有効利用できる本格派リバーシアプリ

<紹介>
その昔、リバーシは人工知能研究の花形でしたが、十年以上前にコンピュータプログラムが当時の世界チャンピオンを破ってしまったこともあり、現在では、その地位は将棋や囲碁に譲ってしまったと思われます。
このため、過去には'強い'リバーシプログラムも数多く作られましたが、現在では、それらの殆どで、バージョンアップは行われなくなりました。

一方で、パソコンのマルチコア/64Bit化は進んでいます。 このような状況を鑑み、最新のパソコン環境を活用できる'強い'リバーシプログラムを作っておこう、ということで製作したのがMasterReversiです。
MasterReversiは並列演算を前提としたアーキテクチャ設計がなされているため、マルチコアCPUを有効活用できます。 また、64Bit版Windowsへのネイティブ対応も行われています。

Windows版のプレイヤー/デザイン/定石/Book/評価データを利用可能なAndroid版とブラウザで手軽に対局できるHTML5版も作成しています。

- MasterReversi for Android Ver1.2.1 -

MasterReversiForAndroid

- MasterReversi for HTML5 Ver1.4.1 -

MasterReversiForHTML5


ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
Mirror-DTCVer1.3.02016/02/29Windows Vista〜10
OS X/Ubuntu
Android(クライアント)
フリー
Mirror-DTC

不具合修正版
2017/07/03 Mirror-DTC for Mac Ver1.3.0.5
2017/04/13 Mirror-DTC for Ubuntu Ver1.3.0.3

<概要>
動画視聴も可能なクロスプラットフォーム対応のリモートデスクトップソフト

<紹介>
Mirror-DTCの初版は主にローカルネットワーク環境での利用を想定したUDP接続のWindows用軽量リモートデスクトップソフトとして開発しました。

Ver1.1.0では、映像圧縮ルーチンを追加し、ネットワーク帯域が狭い環境での動画視聴を可能にすると共に、 TCP接続機能も追加してモバイルネットワーク環境での利用も視野に入れました。

その後、Android機器の性能向上を待つ必要性もあり、Android版の準備を兼ねてAndroid用プログラミング言語であるJavaを使ってMac OS X/Ubuntu用クライアント/サーバーを開発し、Cross-Platform Packとして公開しました。

並行して、より低速なネットワーク環境での利便性を向上するために、基本圧縮方式の変更や低速ネットワーク用の各種動作モードの追加を行い、 Ver1.2.0をリリースしました。

Cross-Platform Packについては、より完成度を高め、Ver1.2.1でMirror-DTCの配布パッケージに同梱化し、 Ver1.2.2では、当初の計画通り、Android版クライアントを追加しました。

その後、Ver1.2.3で時代の変化に合わせた詳細変更を重ね、Mac/Ubuntu用にはネイティブ版の提供を行いました。

最新のVer1.3.0では、より高FPSの画面転送を可能とするために、Windows版では画面キャプチャー方式を変更し、全OS版で増加するデータ量を抑えるために圧縮率が高いストリーミング圧縮を追加、必要となる処理性能を確保するためにSIMD処理/マルチスレッド方式の改良等を行っています。

ソフト名最新バージョン最終更新日対応OSソフト種別
TiVSoundVer1.1.02011/04/08WindowsXPフリー
tivsound

<概要>
WindowsXP環境にステレオミキサー機能を提供するソフト

<紹介>
少し前まではWindowsXPが動作するPCにはステレオミキサーがあるのが普通でした。 しかし、最近は状況が変わってきているようです。 WindowsXPはWindows7のXP Modeでも使用できるようになりましたが、 XP Modeにもステレオミキサーは搭載されていません。

一方で、XP用のソフトの中にはステレオミキサーがあることを前提としているものも多く、 ステレオミキサー機能の無い環境では使えません。
このため、本ソフトを開発しました。

TiVSoundは仮想サウンドデバイスを提供するデバイスドライバとサポートアプリで構成されています。 仮想サウンドデバイスにはステレオミキサー機能が実装されているため、規定のオーディオデバイスを 仮想サウンドデバイスに変更すればPCの再生音をステレオミキサー経由で録音可能になります。 サポートアプリによって仮想サウンドデバイスの再生音は既存のサウンドデバイスで再生されます。 このため、規定のオーディオデバイスを変更しても音が鳴らなくなることはありません。



【関連サイト】
HTML5レトロ風ゲーム館 作者がHTML5を使って作成したブラウザゲームの紹介サイトです。
超レトロなPongもどきのテーブルテニス、Lunar Landerもどきの月面着陸ゲーム、Asteroid風の小惑星撃退ゲームや、 定番のブロック崩し、フリーセル、神経衰弱、レーシングゲーム等で遊べます。
Vector 公開ソフトを登録しています。ただし、最新バージョンは未登録の場合もあります。
本サイトのシェアレジを使ってシェアウェアのレジストキー入手も可能です。

作者の情報と登録ソフト一覧
窓の杜 幾つかのソフトを紹介してくれています。
登録申請は行っていませんが、ソフトライブラリへの掲載は許諾しています。

MasterReversi Mirror-DTC TiVSound

【プライバシーポリシーについて】

当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

広告 - ポリシーと規約 - Google