TiExtenderは画面解像度の拡張/キーボードエミュレート等が行えるMac用ステータスバーアプリケーションです。
OS X 10.9~macOS 10.13に対応するシェアウェアです。


機能概要
機能説明
解像度選択Mac標準添付の「ディスプレイ」にない解像度を選択可能にします
解像度追加ユーザー指定の新たなスケーリング解像度を追加します
HiDPI設定Retinaモデルで使われるHiDPIモードを非Retinaモデルでも使用可能に設定します
画面収録ディスプレイ/ウインドウ映像とサウンド入力音声をmp4/AGM形式で収録します
サウンド入力モニターサウンド入力に入力されている音声をサウンド出力に出力します
拡大鏡独立ウインドウでマウスポインタ周辺を拡大表示します
エフェクトマウスクリック時にポインタ周辺に同心円アニメーションを表示します
現在位置でエフェクトショートカットキーでマウスポインタの現在位置にエフェクトを表示します
ポインタの中央移動ショートカットキーでマウスポインタを画面の中央に移動します
中クリックショートカットキーでマウスの中央ボタンクリックをエミュレートします
スクリーンキーボードキーボードウインドウを表示してその操作からキー入力をエミュレートします
キーボードマクロキー入力を記憶して同様のキー入力をエミュレートします
ショートカット各種機能にショートカットキーを割り当てます

利用シーン
・スケーリング解像度のより広いデスクトップを使う
・最適な解像度に設定してフレーム落ちなく画面収録を行う
・リモートアクセス時にクライアントマシンの解像度を使う
・非Retina環境でもHiDPI表示にしてテキスト表示等を綺麗にする
・トラックパッド利用時にマウスの中クリックをキーボードで行う
・キー入力シーケンスを記憶させ次回以降キーボードマクロ機能で一括入力させる
・エフェクト/スクリーンキーボードで画面収録時にマウス/キー入力を映像化する

作者のブログ
T.Ishiiのソフト開発記 (現在開発中のソフトの進捗状況等をほぼ毎日書いています)

作者のホームページ
T.Ishii's Software Library  (TiExtenderを含めた作者の開発ソフトを紹介しています)


更新履歴



最新バージョンのダウンロード
アップロードバージョン備考ダウンロード
2017/11/081.2.1画面収録用AGMエンコーダーの高速化ダウンロードサイト(Vector)を開く


解像度の追加/HiDPI機能はシステムファイルの変更によって実現しています。
変更するシステムファイルとその復元方法等については、同梱のreadme.txtを参照して下さい。
選択/追加可能な解像度とHiDPIモードの利用可否は機種/接続ディスプレイ等によって異なります。

[重要]
OS X 10.11以降ではSIP(System Integrity Protection)により、解像度の追加/削除機能はブロックされます。
このため、OS X 10.11以降で解像度の追加/削除を行う場合には、SIPはdisableにして下さい。
SIPをdisableにする操作は以下になります。

1. Macを復元パーティションから起動(リカバリーモードで起動)
2.「ユーティリティ」メニューからターミナルを起動
3.ターミナルで「csrutil disable」と入力
4.Macを再起動

なお、追加された解像度はSIPをenableに戻しても使用できます。
SIPをenableに戻したい場合には、上記とほぼ同様の手順で、3.のみ「csrutil enable」とします。

プログラムの試用について
試用期間はインストール後2週間です。
試用期間中の制限事項等についてはプログラム立ち上げ時にダイアログ表示されます。


本ソフトでカスタム解像度の追加・削除 / HiDPIモードの変更を行った場合、システムファイルが変更されます。
継続利用しないと判断された場合には、本ソフトを削除する前に、設定ダイアログの「解像度」で、
HiDPIモードを元の状態に戻し、カスタム解像度の「デフォルトに戻す」を実行して下さい。
上記操作により、システムファイルは元の状態に戻せます。

レジストキーの入手方法について
レジストキーの入手には(株)ベクターのシェアレジがご利用頂けます。(作品番号SR384020)
シェアレジではクレジットカードでのご入金となります。(本体価格1,500円に加えて手数料等が加算されます)
ここをクリックするとベクターのページにジャンプします。

銀行振り込みでの入手をご希望の場合には、まず、ここをクリックして「TiExtenderの登録希望」という件名で作者宛に空メールを送信して下さい。
作者は送信元に口座番号等を記載したメールを返信させて頂きます。
指定口座への入金(1,500円)が完了したら、ここをクリックして「TiExtenderの振込み完了」という件名で作者に振込み人名をお知らせ下さい。
作者は入金履歴を確認し、当該名での振込みがあった場合に、返信でレジストキーをお知らせします。


現在のところ、メールの送受信は手作業で行っています。
このため、メールの返信までに2,3日かかる場合がありますのでご了承下さい。
何らかの問題が発生した場合には作者(t-ishii@js2.so-net.ne.jp)に別途メールでご連絡下さい。


各機能の使用方法

= 解像度選択 =
まず、本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューを表示させます。
表示されるメニューにはディスプレイ毎にその名称のサブフォルダーがあります。
解像度選択メニューはそのサブフォルダーにありますので、希望する解像度を選択して下さい。

解像度選択メニューの最後には「現在の解像度にマークを付ける」という項目があります。
この項目を実行すると、解像度メニューの当該解像度の右に「<<<」マークが付きます。
この解像度には「ショートカットキー」機能を使ってキーボードで直接切り替える事もできます。

--- 備考 ---
低い解像度を選択した場合、ステータスバーの本ソフトのアイコンが見えなくなる場合があります。
この様な場合には、本ソフトの通常操作は出来なくなります。
ただし、この場合にも「システム環境設定」の「ディスプレイ」は使用できますので、
本ソフトを利用する場合には、「ディスプレイ」で「ディスプレイのデフォルト」を指定するか、
前述のマーク付け機能により、通常解像度にショートカットで切り替える様にして下さい。

= 解像度追加 =
まず、本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「環境設定」を実行します。
この操作により「環境設定」ダイアログが表示されますので、次に「解像度」を選択します。
表示されるタブには「追加」ボタンがありますので、
その左の入力フィールドに幅と高さをピクセル数で指定後、この「追加」ボタンを押します。

上記の操作で、指定内容は解像度リストに追加されますが、まだ、システムには反映されません。
追加された解像度をシステムに反映させる場合には、更に、「適用」ボタンを押して下さい。
「適用」ボタンを押すとシステムファイル変更用のパスワード入力ダイアログが表示されます。
ここにパスワードを入力する事で、指定はシステムファイルに反映されます。

本ソフトで追加した解像度は解像度リストでその解像度を選択後、「削除」ボタンで削除できます。
また、「デフォルトに戻す」ボタンで一括削除する事もできます。
「デフォルトに戻す」は即時実行されるため、実行するとパスワード入力ダイアログが表示されます。

--- 備考 ---
指定された解像度はデバイスドライバが参照するシステムファイルに追加されます。
ただし、デバイスドライバが対応できない解像度の場合、その指定は無視されます。
この様な場合、再起動後にも、解像度リストの「状態」は「Not Active」になります。
指定解像度が利用可能だった場合には、再起動後に「状態」は「Active」に変化します。

= HiDPI設定 =
まず、本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「環境設定」を実行します。
この操作により「環境設定」ダイアログが表示されますので、次に「解像度」を選択します。
表示されるタブの左下に「HiDPIモードの許可」チェックボックスがあります。
HiDPI表示を可能にする場合にはチェックし、不可にする場合にはチェックを外します。

この状態では、まだ、設定内容はシステムに反映されていません。
設定内容をシステムに反映させる場合には、更に、「適用」ボタンを押して下さい。
「適用」ボタンを押すとシステムファイル変更用のパスワード入力ダイアログが表示されます。
ここにパスワードを入力する事で、設定はシステムファイルに反映されます。

HiDPI表示を許可しても、それだけではHiDPI表示にはなりません。
HiDPI表示にする場合は、解像度メニューに追加される(HiDPI)表示がある解像度を選択して下さい。

--- 備考 ---
希望する解像度が追加されない場合には、その解像度の二倍の解像度をカスタム解像度に追加して下さい。
例えば、1920x1080 (HiDPI)を利用したい場合には、3840x2160のカスタム解像度を追加する必要があります。
ただし、指定解像度が低すぎる場合等では、HiDPI解像度は追加されません。

= 画面収録 =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「画面収録を開始」を実行します。
この操作により「画面収録を開始」ダイアログが表示されますので、各種設定を行った後、Okボタンを押します。
収録対象が「指定ウインドウ」ではなく、「領域を指定」も選択されていない場合には、即時、収録が始まります。
そうでない場合には、更に指定が必要な旨のメッセージが表示されますので、それらに従って対象を指定して下さい。

画面収録が始まると、「画面収録を開始」メニューは「画面収録を終了」メニューに変化します。
画面収録を終了させたい場合には、この「画面収録を終了」メニューを実行します。

画面収録の関連機能として「画面収録モニター」と「画面収録の統計情報」が利用できます。
メニューで「画面収録モニター」を有効化しておくと、収録中に収録中映像をウインドウ表示できます。
「画面収録の統計情報」を実行すると、今回/前回収録の処理性能に関連した統計情報を確認できます。

--- 備考 ---
収録対象を「指定ウインドウ」とした場合、そのウインドウ内が見えない状態になってもウインドウ映像を収録できます。
ただし、この場合にはマウスカーソルは収録されず、ウインドウサイズが変更された場合には収録は自動停止します。

「指定ウインドウ」に対する収録処理は通常の収録処理よりも性能的に不利になります。
このため、高フレームレートでの収録を希望する場合には、ウインドウサイズを小さくするか領域指定を併用して下さい。

「音声を収録」を選択すると「サウンド入力」として選択されているデバイスの音声が映像と共に収録されます。
通常、「サウンド入力」はマイクになりますので、Macの再生音を収録したい場合にはSoundflower等を併用して下さい。

「出力ファイル」フィールドで「AGM出力」を選択しない場合、収録結果はmp4形式(h264/aac)で出力されます。
mp4ファイルは、OSに標準添付されているQuickTime Playerを含めた一般的な動画プレイヤーで再生可能です。

「AGM出力」を選択した場合、マシン環境によっては、より高いフレームレートでの出力が可能となる場合があります。
ただし、出力されるagmファイルはAmuseGraphicsファミリーソフトがないと再生/別形式への変換が行えません。
AmuseGraphicsファミリーソフトについてはAmuseGraphicsのホームページを参照して下さい。

= サウンド入力モニター =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「サウンド入力モニター」を選択します。
「サウンド入力モニター」ダイアログが表示されますので、出力先デバイスを選択します。
以降、「サウンド入力」の音声が選択された出力先デバイスにモニター出力される様になります。
モニター出力を止める場合には、再度、「サウンド入力モニター」を実行して非選択状態にします。

--- 備考 ---
「サウンド入力」にマイクが選択されている場合、本機能により、マイク入力の音声をスピーカー等で確認できます。
画面収録時にSoundflower等を使ってMacの再生音を録音入力とする場合、通常、再生音は出力されません。
この様な場合、本機能を使えば、再生音を録音入力とすると同時にスピーカー等から出力させる事も可能となります。

= 拡大鏡 =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「拡大鏡」を選択します。
拡大鏡は画面中央に表示されますが、拡大鏡内部をドラッグすれば移動できます。
また、拡大鏡ウインドウの端をドラッグすれば、ウインドウサイズも変更できます。

拡大鏡ウインドウの内部にマウスポインターを移動すると、拡大画像は表示されなくなります。
この状態で、マウスの右クリックを行うとポックアップメニューが表示されます。
ポップアップメニューでは「フルスクリーン」と「閉じる」が実行できます。

拡大率の指定等は「環境設定」ダイアログの「拡大鏡」で行えます。
ショートカットキーを有効化すれば、拡大鏡のOn/Off・拡大率指定はショートカットキーでも行えます。

--- 備考 ---
「フルスクリーン」機能はマルチディスプレイ環境での利用を想定しています。
シングルディスプレイ環境では、通常のウインドウ表示でご利用下さい。

= エフェクト =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「エフェクト」を選択します。
デフォルト状態では、マウスの左/中/右クリック時のエフェクトが許可されます。

エフェクトを許可すると、クリック時にマウスポインタ周辺に同心円のアニメーション表示が行われます。
許可するボタンとアニメーションの色/速度/サイズは「環境設定」の「エフェクト」で変更できます。
ショートカットキーを有効化すれば、エフェクトのOn/Offはショートカットキーでも行えます。

--- 備考 ---
エフェクトには、ショートカットキーで利用する「マウスポインタ位置でエフェクト」もあります。
ショートカットキーで利用するエフェクトは、メニューの「エフェクト」を非選択にしても表示されます。

= 現在位置でエフェクト =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「ショートカット」を選択します。
デフォルト状態では「現在位置でエフェクト」用のショートカットも有効化されます。
この状態で「shift+command+W」キーを押すと、マウスポインタ位置でエフェクト表示が行われます。

本機能はディスプレイ解像度を高くした場合に、ポインタが見づらくなる事を想定して用意しています。
マウスポインタを見失った場合には、本機能でその現在位置を確認し易くなります。

--- 備考 ---
本機能は動画のフルスクリーン視聴時等、マウスポインタが非表示化されていても機能します。
マウスポインタが画面の端にあって見えない場合にも、エフェクトは見えるため場所を特定できます。

= ポインタの中央移動 =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「ショートカット」を選択します。
デフォルト状態では、「ポインタの中央移動」用のショートカットも有効化されます。
この状態で「shift+command+Z」キーを押すと、マウスポインタはメイン画面の中央に移動します。

--- 備考 ---
本機能は「現在位置でエフェクト」と同様に、マウスポインタを見失った場合に便利に利用できます。
特にマルチモニター構成時には、一瞬でメイン画面の中央にポインタを移動できるため便利です。

= 中クリック =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「ショートカット」を選択します。
デフォルト状態では「中クリック」用のショートカットも有効化されます。
この状態で「shift+command+X」キーを押すと、マウスの中央ボタンクリックがエミュレートされます。

本機能を利用すると、中央ボタンがないマウスやトラックパッドでも当該クリック処理が利用できます。

--- 備考 ---
中央ボタンクリック時にキーボードが押されていると期待する処理が行われない場合があります。
エミュレーションはショートカットキーが押された0.5秒後に行われます。
このため、キーボード状態は、この0.5秒以内に望まれる状態に変更して下さい。

= スクリーンキーボード =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「スクリーンキーボード」を選択します。
「スクリーンキーボード」を選択すると、画面上にスクリーンキーボードが表示されます。

スクリーンキーボードのキートップをクリックすると対応するキー入力がエミュレートされます。
キートップを右クリックすると、対応するキーは押されたままの状態に固定されます。
押されたままの状態に固定されたキーを元に戻す場合には、そのキートップをクリックします。

キートップに表示される文字はshift/control/fnキーの状態によって変化します。
「環境設定」の「キーボード」で設定するとoption/日本語入力時にも文字を変化させる事が出来ます。

--- 備考 ---
デフォルト設定では、修飾キー(shift/option/command/control/fn)はクリックで押された状態に固定されます。
この固定状態は次に通常キーが入力された場合に元の状態に戻ります。
この動作は「環境設定」の「キーボード」で行わせない様に変更する事もできます。

Capsキーは特殊キー扱いで、クリックにより押された状態と押されていない状態が切り替わります。
通常キーの入力により自動的に押されていない状態に戻る事はありません。

マウスポインタが非表示に設定されたソフト上で使用した場合、マウスポインタは表示されません。
この様な場合には「環境設定」の「キーボード」で「キートップの強調表示」を選択して下さい。
この設定でマウスポインタがあるキートップは強調表示される様になり、入力キーを識別し易くなります。

= キーボードマクロ =
キーボードマクロは予めキー入力を記憶させておき、後に、そのキー入力をエミュレートさせる機能です。
キー入力を記憶させる方法は二種類あります。

一つ目の方法(オフライン登録)では、「環境設定」の「キーボード」から登録を行います。
この場合には、「対象」を選択してから、「キー入力のダイレクト登録」ボタンを押します。
登録用のウインドウが表示されますので、そこで記憶させたいキー入力を行った後、「登録」ボタンを押します。
登録をキャンセルしたい場合には、タイトルバーのクローズボタンでウインドウを閉じます。

二つ目の方法(オンライン登録)では、メニューにある「キーボードマクロ」-「登録の開始」から登録を行います。
この場合には、マクロを使用したいアプリ上でキー入力を行って、その入力を記録させる事が出来ます。
記憶させたいキー入力の終了後、「キーボードマクロ」-「登録 - xxx」を実行します。
登録をキャンセルしたい場合には、「キーボードマクロ」-「登録の中止」を実行します。

記憶させたキー入力は「キーボードマクロ」-「実行 - xxx」でエミュレートさせる事ができます。
デフォルト設定ではエミュレートは高速に行われますが、設定変更で登録時と同じ待ち時間を入れる事も出来ます。
設定変更する場合には「環境設定」の「キーボード」で「実時間で実行」をチェックして「設定変更」ボタンを押します。

オンライン登録/マクロ実行機能はショートカットにも割り当てられているためキー入力で実行する事も出来ます。

「キーボードマクロ」に表示されるメニュー項目は、通常時/登録時/実行時で必要になる項目に変化します。
ショットカットの機能についても、状況に応じて同様の処理内容に変化します。
オンライン登録/マクロ実行中には、メニューバーの本ソフトアイコンの右側に、その旨のテキストが追加されます。

メニューの「キーボードマクロ」-「実行 - xxx」/「登録 - xxx」に表示されるxxxはキーボードマクロの名称です。
この名称は「環境設定」-「キーボード」で変更できます。

--- 備考 ---
オンライン登録では特別な権限が必要になります。
この権限の授与は「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「アクセシビリティ」で行えます。
そこで、「コンピュータの制御を許可」するアプリケーションに本ソフトを追加すると権限が与えられます。
この設定が未の場合、オンライン登録時にその旨のダイアログが表示され、オンライン登録は行えません。

上記の権限が与えられた場合にも、オンライン登録ではパスワード入力フィールドへのキー入力は記憶出来ません。
また、一部の特殊なショートカット入力等を記憶させる事も出来ません。
この様なキー操作を記憶させたい場合には、オフライン登録を利用して下さい。

ショートカットでマクロを実行した場合、shift/commandキー状態が問題となる場合があります。
この様な場合には、マクロはメニューから実行する様にして下さい。

= ショートカット =
本ソフトのステータスバーアイコンをクリックし、メニューから「ショートカット」を選択します。
「ショートカット」を選択すると、利用可能に設定されたショートカットが有効化されます。

利用可能とする「ショートカット」は「環境設定」の「ショートカット」で設定できます。

--- 備考 ---
本ソフトのショートカットは、通常、他ソフトのショートカットよりも優先的に実行されます。
このため、ショートカットが競合する場合には、他ソフトのショートカットは利用できなくなります。
他ソフトのショートカットを利用したい場合には、本ソフトのショートカットを無効化して下さい。


本ソフトのアイコン画像

Appアイコンステータスバーアイコンステータスバーアイコン(HiDPI)


スクリーンショット

= 環境設定ダイアログ =

解像度

拡大鏡



エフェクト

キーボード


ショートカット



--- 備考 ---
「解像度」はHiDPI表示を許可し、3個のカスタム解像度を追加した後の画像です。
その他はデフォルト状態での画像です。

= メニュー =

■Mac mini Late2014 + 外付けモニターx2

トップメニュー

FHD2303L (初期状態)

FHD2303L (HiDPI許可後)

FHD2303L (解像度追加後)


LCD-AD173C (初期状態)

LCD-AD173C (HiDPI許可後)

LCD-AD173C (解像度追加後)


--- 備考 ---
トップメニューの最上部にある解像度変更用メニューは接続されているモニターによって変化します。
上記はフルHDモニター(FHD2303L)とスクエアモニター(LCD-AD173C)を接続したMac mini Late2014でのメニューです。


■MacBook Pro (15-inch, 2016)の内蔵ディスプレイ

初期状態

4k/8k等の解像度追加後


--- 備考 ---
SIPが有効な場合、解像度の追加は行えませんが、その場合にも、上記の初期状態の解像度は選択可能です。
SIPを無効にすると8k程度までの任意の解像度を追加できます。(8k解像度にはdGPUの使用が必要)

ただし、追加する解像度によっては、デバイスドライバがクラッシュする可能性もあります。
この様な場合、最悪、復旧パーティションから起動してシステムファイルを元に戻す操作が必要になります。
このため、解像度を追加する場合には、通常環境とは別の外付けSSD/HDDでOSを起動し、先にテストされる事をお勧めします。


= 画面収録の開始 =




= スクリーンキーボード =



--- 備考 ---
キートップ表示はOn/Off・修飾キー状態等により変化します。
日本語入力時にはオプション設定でキートップに「かな」文字を表示させる事もできます。