Mirror-DTC for Android ヘルプ


設定の変更
本アプリでは、サーバーへの接続前に「トップメニュー」の「規定設定の変更」で各種設定の変更が行えます。 接続後には、接続画面メニューから「設定」を実行して変更する事ができます。 「設定」で変更した内容は、「設定」内にある「現在の設定を保存」から保存し、次回接続時に「トップメニュー」の 「保存設定の参照」から適用する事が出来ます。

変更可能な設定は以下の通りです。
■画像転送
対象ディスプレイ
接続サーバーがデュアルディスプレイの場合に、操作対象をメインディスプレイ/ディスプレイ1/ディスプレイ2/合成ディスプレイから選択できます。
フレームレート
サーバー画面をキャプチャーする最大フレームレートを選択できます。 実際に転送されるフレームレートは処理性能に依存した設定値以下の値になります。
画質
サーバー画面を転送する画質を指定できます。 画質を落とす事で、ネットワーク/CPU負荷を軽減し、必要になるメモリ量も減らす事が出来ます。
転送モード
サーバー画面の転送方式を指定できます。 低速ネットワークでの利用時には、インタレース/4:1インタレースを選択する事で、動画視聴時等の体感フレームレートを向上できます。 また、ブロックスキャンを選択した場合には、操作に対する画面表示のレスポンスを向上できます。
- ご注意 -
「圧縮」の「ストリーミング圧縮」選択時に「ブロックスキャン」を選択するとレスポンスは低下します。 このため、「ストリーミング圧縮」選択時には「ブロックスキャン」は選択しないで下さい。
圧縮
サーバー画面の転送時に使用する圧縮モードを選択できます。 通常は、「ストリーミング圧縮」を選択する事で最高の圧縮率が得られます。 このため、通常は、このモードの選択がお勧めですが、 このモードの処理負荷は、他モードと比べて、若干、高くなります。 このため、処理性能に問題がある場合や圧縮率がそれほど必要ない場合には、一般操作時には「デスクトップ圧縮」、動画視聴時には「映像圧縮」を選択する事をお勧めします。
- ご注意 -
「ストリーミング圧縮」はプロトコルVer5 (Ver1.3.0)で追加された機能である事から、より古いサーバーへの接続時には、正しく機能しません。 このため、デフォルト設定は、より古いサーバーでも利用可能な「映像圧縮 (バランス)」になっています。
減色モード
サーバー画面の転送時に減色処理を行うかどうかを選択できます。 減色を行った場合、転送データの色情報が削られるため、画質は低下しますが、データ転送量は減ります。
■音声転送
音質
音声転送時の音質を指定できます。 音質を落とす事で、ネットワーク負荷を軽減できます。
ADPCM圧縮
音声転送時にADPCM圧縮を行うかどうかを指定できます。 ADPCM圧縮を行った場合、転送データは約1/4に減りますが、若干の音質劣化が発生します。
モノラル化
音声転送時にモノラル化を行うかどうかを指定できます。 モノラル化を行った場合、転送データは約1/2に減ります。
バックグランド再生
バックグランド動作時に音声転送を行って再生するかどうかを指定できます。
転送禁止
音声転送を行うか行わないかを指定できます。
バッファリング
音声出力のバッファリング時間を指定できます。 指定時間を長くするとデータ転送が不安定な場合にも音飛びの発生を抑えられますが音声再生は遅延します。
■オプション
ECOモード
ECOモードのOn/Offを切り替えられます。 ECOモードをOffにすると画像/音声転送がより滑らかに行われる場合がありますが、サーバー側のCPU負荷が増大します。
モニターモード
モニターモードのOn/Offを切り替えられます。 モニターモードをOnにするとマウス/キー入力は転送されなくなり、マウスカーソルはサーバー側の現在位置に表示されるようになります。
Aero停止
サーバーがWindows Vista/7上で動作している場合にはAeroを停止できます。 Aeroを停止した場合、サーバーでの画面キャプチャーがより高速に行えるようになりますが、半透明タイトルバー等のAero関連の機能が使えなくなります。
遅延抑制モード
遅延抑制モードのOn/Offを切り替えられます。 遅延抑制モードでは、画像転送時にクライアント/サーバー間でのハンドシェイクが行われるため、画像の遅延を抑制できます。 ただし、遅延抑制モードの指定時には、動画視聴時等のフレームレートは低下する場合があります。
クリップ転送
テキストクリップ転送のOn/Offを切り替えられます。 クリップ転送を指定すると、サーバーでクリップボードにコピーされたテキストデータはAndroid機器のクリップボードにコピーされます。 同様に、Android機器でクリップボードにコピーしたテキストデータはサーバーのクリップボードにコピーされます。 クリップ転送はバックグランド動作時にも行われます。
端末名送信の禁止 (次回接続以降)
接続クライアントの識別表示用にサーバーに端末名を送信する機能を禁止します。 禁止した場合、サーバーではクライアント名はIPアドレスで表示されます。
- ご注意 -
端末名送信機能はプロトコルVer5 (Ver1.3.0)で追加された機能である事から、より古いサーバーへの接続時には、本指定に関わらず、端末名は送信されません。
ADPCM拡張1の禁止 (次回接続以降)
ADPCM圧縮の音割れ防止機能を禁止します。 音割れ防止機能は最大レベルを超える入力があった場合に自動的に内部ボリュームを絞ります。 このため、音量レベルは、若干、変化する場合がありますので、気になる場合には、本機能は禁止して下さい。
- ご注意 -
ADPCM圧縮拡張1はプロトコルVer5 (Ver1.3.0)で追加された機能である事から、より古いサーバーへの接続時には、本指定に関わらず、本機能は禁止されます。
ADPCM拡張2の禁止 (次回接続以降)
ADPCM圧縮の低周波数時用ノイズ軽減機能を禁止します。 低周波数時用ノイズ軽減機能はサンプリング周波数をデフォルトの44100Hzより低く設定した場合にデジタルフィルターによりサンプリング周波数の1/3以上の周波数成分をカットします。 このため、ADPCMのアルゴリズム上、追随が困難な相対的に高い周波数の音源が無くなるために、発生するノイズは低減しますが、出力音声の高周波成分はカットされます。 少々ノイズが乗っても、高周波成分をカットしたくない場合には、本機能は禁止して下さい。
- ご注意 -
ADPCM圧縮拡張2はプロトコルVer5 (Ver1.3.0)で追加された機能である事から、より古いサーバーへの接続時には、本指定に関わらず、本機能は禁止されます。
減色拡張の禁止 (次回接続以降)
「映像圧縮」と「ストリーミング圧縮」の減色処理に適用される圧縮率向上用の減色拡張処理を禁止します。 減色拡張処理を動作させると圧縮率は2倍程度向上しますが、画質は比較的大きく劣化します。 このため、圧縮率がさほど必要なく、減色時の画質劣化を抑えたい場合には、本機能は禁止して下さい。
- ご注意 -
減色拡張はプロトコルVer5 (Ver1.3.0)で追加された機能である事から、より古いサーバーへの接続時には、本指定に関わらず、本機能は禁止されます。
暗号化の禁止 (次回接続以降)
通信時の暗号化を禁止します。 暗号化を禁止しても認証用には暗号化が行われますので、パスワードが平文でネットワークに流れる事はありません。 暗号化を禁止すると、動作時の処理負荷を、若干、抑える事が出来ます。
- ご注意 -
暗号化の禁止機能はプロトコルVer5 (Ver1.3.0)で追加された機能である事から、より古いサーバーへの接続時には、本指定に関わらず、暗号化は行われます。
■操作画面
画面の向き
画面表示の向きを「起動時の向き」/「縦長の向き」/「横長の向き」/「回転を許可」に切り替えられます。 「回転を許可」を指定した場合、Android機器の回転に合わせて表示画面も回転します。 それ以外の指定時には、Android機器を回転させても表示の向きは変更されません。
デフォルト表示倍率
デフォルトの表示倍率を0.5~8.0で指定できます。 デフォルト表示倍率は保存設定以外からの起動時に適用される他、接続画面メニューから「表示倍率」で指定する事もできます。
マウス入力
Android機器の画面タッチ操作からマウス入力をエミュレートする方式を指定できます。
「トラックパッドモード」では、タッチ操作はノートPCのトラックパッドと同様の扱いになります。
「ダイレクトモード」では、マウスカーソルをタッチした画面位置にダイレクトに移動できます。
キーボード入力
接続画面メニューの「キーボード」で表示されるスクリーンキーボードの入力方式を指定できます。
「トラックパッドモード」では、タッチ操作はノートPCのトラックパッドと同様の扱いになります。
「ダイレクトモード」では、タッチしたキーをダイレクトに入力できます。
「マルチタッチモード」では、タッチした複数のキーをダイレクトに入力できます。
- ご注意 -
「ダイレクトモード」では、キートップを長押しするとキー状態は押した状態で固定されますが、「マルチタッチモード」では、キーリピートが行われます。
テンキー
接続画面メニューの「キーボード」で表示されるスクリーンキーボードにテンキーを付加するかどうかを選択できます。 選択肢には「なし」/「横長時に追加」/「縦長時に追加」/「常に追加」があります。
- ご注意 -
テンキーを追加した場合、相対的にスクリーンキーボードのキートップ表示が小さくなる場合があります。 このため、画面サイズが小さなスマートフォン等では常時追加される事はお勧めしませんが、 画面サイズが比較的大きなタブレット等では、追加しておくとテンキーでしか入力できない入力も可能になりますので、便利な場合があります。
マルチタッチジェスチャー
画面操作用にマルチタッチジェスチャーを許可するかどうかを指定できます。
許可した場合、二本指タップでマウスの右クリック、二本指ドラッグでマウスホイール回転、 三本指ドラッグで画面の拡大/縮小が行える様になります。
- ご注意 -
マルチタッチジェスチャーを許可すると、通常は、より軽快な操作が可能になりますが、 タッチ操作はより複雑になりますので、操作中に意図しない動作が行われてしまう可能性は増大します。 このため、意図しない動作を極力防止したい場合には、マルチタッチジェスチャーは許可しない設定にして下さい。
インジケータ
接続画面でマウスボタンの状態等を示すインジケータを表示するかどうかを指定できます。
キートップの拡大表示
接続画面メニューの「キーボード」で表示されるスクリーンキーボードでキートップの拡大表示を行わせるかどうかを指定できます。
表示のスムージング
サーバー画面の拡大/縮小時にスムージング処理を行わせるかどうかを指定できます。 処理を行わせると拡大/縮小画像が綺麗になりますが、若干、処理速度が低下します。
ステータスバー
通常は画面上部に表示されるOSのステータスバー表示をOn/Offできます。 Off指定するとステータスは表示されなくなりますが、サーバー画面の表示領域がその分増加します。
OpenGLの使用(次回接続以降)
画面描画にOpenGL ES2.0を使用するかどうかを指定できます。
- ご注意 -
OpenGL ES2.0を使用した場合、通常は描画性能が大幅に向上します。このため、通常は使用する設定にして下さい。
ただし、機器によっては、本機能を利用すると問題が発生する場合があります。
このため、もし、問題が発生した場合には、チェックを外して通常描画が行われる様にして下さい。
前ページ 次ページ トップに戻る
プライバシーポリシー

© 2012-2016 T.Ishii (t-ishii@js2.so-net.ne.jp)