Mirror-DTC for Android ヘルプ


サーバーへの接続
サーバーへの接続は「トップメニュー」の「アドレス指定接続」/「ローカル検索接続」/「保存設定の参照」から行えます。
■アドレス指定接続
接続先サーバーのポート番号とアドレスを指定して接続を行います。

「アドレス」では「192.168.1.2」のようなIPアドレス形式以外にドメイン名での指定も行えますが、 通常はローカルネットワークのコンピュータ名での指定は行えません。

「UDP接続」をチェックするとUDPで、チェックしない場合にはTCPで接続が行われます。
■ローカル検索接続
ローカルネットワークで稼働中のMirror-DTCサーバーを検索させて検索結果から接続を行います。

「検索アドレス」には、通常はブロードキャストアドレス「255.255.255.255」を入力しますが、 「192.168.1.255」等に変更して検索ネットワークを変更する事もできます。
「UDPポート番号」/「TCPポート番号」には、Mirror-DTCサーバーのUDP/TCPポート番号を指定します。

「UDP接続」をチェックするとUDPで、チェックしない場合にはTCPで接続が行われます。

- ご注意 -
ローカル検索を行わせる場合には、Android機器のネットワークはローカルネットワークのアクセスポイントに接続しておく必要があります。

ローカルネットワークの検索ではブロードキャストパケットを使用します。 一般に、WiFi環境ではブロードキャストパケットは通常パケットよりもパケットロスが発生する可能性が高くなります。 このため、ネットワーク環境によっては、検索が上手く行えない場合があります。

TCPポート番号は接続時にのみ使用されます。 このため、UDP接続時には、TCPポート番号は使われませんが、 ローカルネットワーク検索はUDPポートを使って行われるため、TCP接続時にもUDPポート番号の入力は必要です。

■保存設定の参照
接続画面の「設定」メニューから、「現在の設定を保存」機能を使って保存した設定に従って接続を行います。

「現在の設定を保存」機能では、接続先サーバーのポート番号/アドレスも同時に記憶されます。このため、接続にあたってこれらの入力は不要です。

「現在の設定を保存」では、「パスワードの自動入力」/「マジックパケットの送信」も指定できますので、 「保存設定の参照」からの接続時には、パスワードの入力を不要にしたり、Wake On Lan機能を使ってサーバーを起動させたりする事もできます。

前ページ 次ページ トップに戻る
プライバシーポリシー

© 2012-2016 T.Ishii (t-ishii@js2.so-net.ne.jp)