本格派HTML5リバーシ

■本サイトについて

本サイトでは、MasterReversiをHTML5に移植したプログラムで遊べるページを公開しています。

■動作環境

本サイトは、WindowsのIE/Chrome/Firefox、OSXのSafari、UbuntuのFirefox/Chrome、AndroidのChrome、iOSのSafariで動作を確認しています。 ただし、確認は2014年5月時点での最新環境で行っているため、より古い環境では動作しない場合があります。

- ご注意 -
本サイトでは、JavaScriptで比較的重い処理を行っているため、ブラウザのJavaScript実行性能によって、処理速度は大きく変わります。 2014年5月時点では、Windows環境で本サイトで遊ぶ場合には、Chrome/IE11を使われる事をお勧めします。

■遊び方

画面右にあるコントロール領域で対局相手/思考レベル/オプション、 画面左の盤面下で手番を選択し、「対局」ボタンを押して対局を開始します。

対局中は、通常のPCでは盤面の着手位置をマウスクリック、タッチパネル搭載機器ではタップすると、その位置に着手を行えます。 着手時のヒントとしては「候補」ボタンで着手候補を表示でき、更にもう一度押すと、着手候補の評価値も表示できます。

着手をミスした場合等には、「待った」ボタンで前回の着手位置まで戻れます。 対局を中止して新たに対局をやり直したい場合には、「新規対局」ボタンを押します。

対局が終了すると「候補」ボタンは「ログ」ボタンに変わり、そのボタンを押す事で、対局ログを別ページで見れます。

- ご注意 -
通常のPC環境ではWindows版と同様のマウス操作でのヒント表示も行えますが、棋譜等の詳細情報は表示できません。
ただし、コンソールログ機能を動作させると、対局中にも、Webブラウザのコンソール画面に詳細情報を表示させる事が出来ますので、 詳細情報を参照しつつ対局を行いたい場合には、コンソールログ機能を利用して下さい。

HTML5版のヒント表示では、Book値を優先的に表示し、Book値が登録されていない候補についてのみ評価値を表示します。 また、Book値がある局面では、Book値の最高値よりも高い評価値は強制的にBook値の最高値よりも低い値に変更されて表示されます。

ヒント評価はレベル1相当で行われるため、対人間用としては十分かもしれませんが、精度はあまり高くありません。 コンソールログの盤面・棋譜/対局ログの棋譜はクリップボード経由でMasterReversi Professionalに読み込めますので、 より高い次元での局面解析を行いたい場合には、MasterReversi Professionalを使用して下さい。

■詳細設定について

画面右下にある「詳細設定」リンクをクリックすると、詳細設定ページが開きます。
詳細設定ページでは、Windows版MasterReversiで出力できる「デザイン」/「プレイヤー」ファイルを追加できます。
追加されたプレイヤーは「対局相手」、デザインは「デザイン」コンボボックスに追加されます。
  
詳細設定ページでは、上記以外にも、詳細モードの設定が行えます。

■データの保存について

本サイトでは、画面右にある設定項目/詳細設定は保存できますが、保存先はWebブラウザが提供するローカルストレージになります。 つまり、データは本サイトのサーバーマシンではなく、本サイトにアクセスしている利用者のマシンに保存されます。

また、この保存領域はWebブラウザが個別に確保します。 このため、例えば、PCで保存した設定はタブレットやスマートフォンでは利用されませんし 、同じPC上でも、IEで保存したデータはChromeでは利用されません。

- ご注意 -
上記の通り、設定データはWebブラウザが提供する記憶領域に保存されますので、Webブラウザでプライベートブラウズ等が指定され、 データの保存が禁止された場合には、設定の保存は失敗し、読み込みも行われなくなります。

また、Webブラウザで履歴の削除を行うと、保存データも削除される場合がありますのでご注意下さい。

なお、対局ログの表示時にも、一時的にログ内容をWebブラウザのローカルストレージに保存する必要がありますので、 プライベートブラウズ等が指定されている場合には、対局ログの表示は行えません。 対局ログ用の保存データはログ表示後に自動的に削除されます。このため、通常は、保存を許可してもマシン上にログデータが残る事はありません。

■Windows版との比較

本サイトでは、Windows版と同様の評価/Bookデータを利用していますので、強さ的にはWindows版と同等です。

ただし、HTML5版では、Windows版にある並列演算は行えず、SIMD命令も使用できないため、 性能的には、Windows版をシングルスレッド動作させた場合と比べても、5倍以上は遅く、 4コア/8スレッドのCPUで並列演算を使用するWindows版と比べると、その差は更に数倍開きます。

このため、本サイトは、強さ的にはWindows版と同等ですが、処理速度はマルチコアCPU環境で動作するWindows版と比較すると10~数十倍は低速になっています。 更に、PCよりも低速なスマホ/タブレットからアクセスした場合には、WindowsPCからのアクセス時よりも、更に性能差は広がります。

HTML5版の評価演算性能のページでは、本サイトの処理性能をWindows版と比較しつつ実測した結果を載せてありますので、参考にして下さい。

- ご注意 -
上記の通り、性能的に厳しいため、本サイトのコンピュータプレイヤーの最高レベルは3に制限してあります。 また、対局中に解析が困難な局面に遭遇して長時間待たされるのを避けるために、一手あたりの時間制限も設定可能にしてあります。

ただし、Windows版よりも性能が大きく劣る本サイトでも、コンピュータプレイヤーをレベル1で動作させれば、Nexus7(2012)でも殆ど待ち時間なく遊べます。 また、PC環境では、レベル3との対局でも、あまり待ち時間は発生しません。

■プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

広告 - ポリシーと規約 - Google


Copyright (c) 2013-2017 T.Ishii (t-ishii@js2.so-net.ne.jp)
MasterReversiのホームページ