AGMPlayer for Windows オンラインヘルプ


【動画の再生方法】
本ソフトはプレビューとライブラリビューを切り替えて使用できます。

プレイビューでは、単純な動画プレイヤーと同様の方法で動画を再生できます。
ライブラリビューでは、ライブラリにある動画のサムネイルを選択して再生が行えます。

■プレイビューでの再生方法
以下の再生方法があります。

・「ファイル」メニューの「開く」-「ファイル」で再生したい動画を指定します。
・エクスプローラからのドラッグ&ドロップで動画再生領域に再生したい動画をドロップします。
・エクスプローラで再生したい動画の「規定のプログラム」に本ソフトを登録し、ダブルクリックします。

■ライブラリビューからの再生方法
ライブラリビューで動画を再生する為には、まず、その動画をライブラリに追加する必要があります。

プレイビューで再生中の動画を追加する場合には「ファイル」メニューの「ライブラリに追加」を実行します。
上記以外の動画を追加する場合には、ライブラリビューのポップアップメニューから「ライブラリに追加」を実行します。
ライブラリへの追加は、エクスプローラからライブラリビューへのドラッグ&ドロップでも行えます。

再生したい動画がライブラリにある場合には、表示されているサムネイルをクリックします。
この場合には、ビューが自動的にプレイビューに切り替わり、クリックした動画が再生されます。

再生したい動画のサムネイルを右クリックして表示されるメニューの「規定のプログラムで開く」を実行すると、
指定した動画を「規定のプログラム」として登録されているプログラムで再生させる事も出来ます。

ライブラリビューとプレイビューの切り替えは、それぞれのポップアップメニューから行えます。
起動直後のビューは「ファイル」メニューの「環境設定」で指定できます。

■レジューム再生
本ソフトでは、プログラム終了時に再生中だった動画は次回起動時にその続きから再生させる事が出来ます。
この機能を本ソフトでは「レジューム再生」と呼んでいます。

デフォルト設定では、プログラム終了時にレジューム再生させるかどうかが毎回確認されます。
「ファイル」-「環境設定」で表示されるダイアログで、この挙動は変更する事が出来ます。

■映像調整/イコライザ設定等の適用
動画再生時には、「オプション」メニューの「映像設定」/「イコライザ設定」等を適用できます。

ライブラリビューからの再生時には、動画毎に個別設定を行う事も出来ます。
動画毎に個別設定したい場合には、「ファイル」-「環境設定」で「映像・音声設定の個別化」をチェックします。

■音声再生デバイスの変更
本ソフトの立ち上げ時、音声の出力先は通常のソフトと同様に「規定の再生デバイス」に設定されます。
ただし、複数の再生デバイスが実装された環境では、音声の出力先は他のデバイスに変更する事も出来ます。

設定の変更は「ファイル」-「音声再生デバイス設定」で行います。
「デバイス」コンボボックスに有効な再生デバイスが列挙されますので、出力先を選択して下さい。
この選択はプログラム終了時まで有効になります。(次回立ち上げ時にはリセットされます)

■再生速度の調整
AGM形式動画の再生時には再生速度の調整が行えます。

速度調整は、プレイビューのコントロール領域の右にある△▽印と倍率表示文字のクリックで行います。

△印をクリックすると再生速度は上がり、▽印をクリックすると下がります。
再生速度が変更されると、△▽印の左に表示される倍率表示も変化します。
倍率表示をクリックすると通常速度(x1.00)に戻せます。

AGM形式動画以外では再生速度の調整は行えません。
AGM形式動画以外の再生時には△▽印と倍率表示文字列は表示されません。

■ライブラリ動画の連続再生
ライブラリビューからの再生時にはサムネイル順で動画を連続再生させる事が出来ます。

連続再生させたい場合には「ファイル」メニューの「環境設定」で設定ダイアログを表示し、
「ライブラリ連続作成」の項目をチェックします。

サムネイル順はサムネイルのドラッグ操作で変更できますので、再生順は自由に設定可能です。

また、連続再生されるのは同一フォルダー内の動画に限られます。
このため、ライブラリにフォルダーを作成し、そこに連続再生させたい動画を移動しておけば、
連続再生させたい動画のみを連続再生させる事も出来ます。

■サスペンド機能
ライブラリビューからの動画再生時には、再生動画を「サスペンド」させる事が出来ます。
「サスペンド」させた動画は、次回再生時に再生中だった場面の続きから再生されます。

サスペンド状態は、ライブラリの管理ファイルに保存される為、設定したPC以外でも参照されます。
このため、PCで見ていた動画の続きをAndroidタブレットで見る様な場合にも、この機能が利用できます。

■GPU支援付再生の禁止/許可
デフォルト状態ではmp4/wmv等のMedia FoundationのGPU支援付再生に対応する動画は支援付で再生されます。

GPU支援付再生時には、動画再生に伴う処理の多くがGPUで処理される為、CPU使用率を低く抑える事が出来ます。
ただし、映像調整/イコライザ設定等が適用外になる為、本ソフトではGPU支援を禁止する事も出来る様にしています。

GPU支援付再生の禁止/許可設定は、「ファイル」-「環境設定」で表示されるダイアログで行えます。

なお、GPU支援付再生を許可した場合にも、GPU支援付再生に非対応の動画はCPUでの再生になります。
GPU支援付再生モードでは、「オプション」メニューの「イコライザ設定」等が実行不可状態になります。

■描画方式の選択
デフォルト状態では、通常の動画再生時にはDirect2D描画が行われます。

Direct2D描画では、再生画像の拡大/縮小処理がGPUで行われる為、CPU使用率を低く抑える事が出来ます。
ただし、仮想環境等での利用時には、正しく画像表示が行われない場合があります。

本ソフトでは、この様な場合の為に、「描画方式」として「ソフト描画」も用意しています。
「ソフト描画」への切り替えは「ファイル」-「環境設定」で行えます。

■優先デコーダの選択
本ソフトはMedua FoundationとDirectShowに対応していますが、デフォルト状態ではMedia Foundationが優先されます。

Media Foundationでの再生時には、GPU支援付再生も行えるため、通常は便利ですが、
Media Foundation用にデコーダーが用意されている動画については、DirectShow用デコーダーでの再生が行えません。

このため、本ソフトでは、優先デコーダ環境の選択を可能にしています。
DirectShowデコーダを利用したい場合には、「ファイル」-「環境設定」の「優先デコーダ環境」を変更して下さい。

トップに戻る 次ページ