AGMPlayer for Windows オンラインヘルプ


【動画の管理方法】
本ソフトはライブラリビューで動画の管理が行えます。

ライブラリの実体は通常のフォルダーです。
このため、ライブラリ内の動画はエクスプローラ等の他ソフトからもアクセス出来ます。
ライブラリのルートフォルダーは「ファイル」-「環境設定」で指定できます。

ライブラリビューでは、通常ファイル操作に加え、属性ファイルに基づく管理が行えます。
属性ファイルはフォルダー毎に作成され、動画の並び順やサムネイル等が記憶されます。

ライブラリビュー内の動画の並び順やサムネイルは変更可能です。
また、映像調整やイコライザ設定も属性ファイルに保存されるため、個別設定が可能です。

ライブラリビューでは、以下の様なコマンドが利用できます。

■入出力系コマンド
「ライブラリに追加」/「出力」

ライブラリへの動画の追加は「ライブラリに追加」コマンドで行えます。
同様の処理はエクスプローラからライブラリビューへのドラッグ&ドロップでも行えます。

上記の操作でライブラリに動画を追加する場合、その動画が再生可能かどうかチェックされます。
このため、上記操作では、再生可能動画以外は追加されません。

ライブラリの実体はフォルダーである事から動画の追加はエクスプローラでも行えます。
ただし、エクスプローラでの追加では、追加ファイルが再生可能かどうかはチェックされません。
このため、再生不可のファイルも追加できますが、この様なファイルはサムネイル表示されません。

ライブラリにある動画は「出力」コマンドで指定フォルダーにコピーできます。
「出力」コマンドは複数動画を選択した状態で一括実行する事が出来ます。

ライブラリへの追加/出力はコピー処理で行われ、オリジナルファイルは削除されません。

■ファイル操作系コマンド
「ファイル名の変更」/「フォルダの作成」/「削除」/「切り取り」/「コピー」/「貼り付け」

「切り取り」→「貼り付け」を実行するとファイルは移動します。
「コピー」→「貼り付け」を実行するとファイルは複製されます。
「削除」/「コピー」/「切り取り」は複数ファイルを選択して一括実行する事が出来ます。
子フォルダーへのファイル移動はサムネイルのドラッグ&ドロップでも行えます。

表示フォルダーを子フォルダーに移動する場合には、そのフォルダーのアイコンをクリックします。
上位フォルダーへの移動は、ヘッダ部にあるフォルダー階層の文字列をクリックして行います。

■サムネイル系コマンド
サムネイルのドラッグ&ドロップによる並び順変更 / 「現画像をサムネイル化」

「現画像をサムネイル化」を実行する場合には、一旦、対象動画をクリックして再生状態にします。
その後、サムネイルにしたい画像位置で停止し、ライブラリビューに戻ります。
この状態で対象動画のサムネイルを右クリックすると「現画像をサムネイル化」を実行できます。
「現画像をサムネイル化」を実行すると再生中の動画画像がサムネイルに設定されます。

■属性設定系コマンド
「映像・音声設定の個別化」/「サスペンド」

「映像・音声設定の個別化」は「ファイル」-「環境設定」で設定可能な属性です。
この属性が指定されると再生中動画に設定された映像・音声設定が属性ファイルに記憶されます。
記憶された属性は、その動画の次回再生時に自動適用されます。

■変換系コマンド
「変換バージョンを作成」/「修復バージョンを作成」/「現在位置で分割」

「変換バージョンを作成」を実行すると指定動画を「変換設定」で指定された形式に変換できます。
「修復バージョンを作成」は正常に保存完了処理されなかったAGM形式動画ファイルを修復できます。
「現在位置で分割」は再生中の動画を現在の再生位置の前後に分割できます。

各コマンドでは、新しい動画ファイルを作成し、オリジナルファイルはそのまま残します。
詳細については、別頁の各項目の説明を参照して下さい。

トップに戻る 次ページ