AGMPlayer for Windows オンラインヘルプ


【ネットワーク機能の利用方法】
本ソフトでは、以下の様なネットワーク機能が利用できます。

・ファイルサーバー機能
・ストリーミング再生機能
・トランスコード付きネット視聴機能

上記機能を利用する為には、サーバー/クライアント機能を動作させる必要があります。
動画ファイルがあるPCではサーバー機能を、参照するPCではクライアント機能を動作させます。

- ご注意 -
AGMServerをインストールするとサーバー機能はWindowsサービスとして実行させる事も出来ます。
AGMServerはAmuseGraphicsとフリーソフト版AGMPlayerの配布パッケージに同梱されています。
AGMServerをインストールして動作させた場合、本ソフトのサーバー機能は動作しなくなります。

■サーバー機能を動作させる方法
まず、ライブラリビューで「ファイル」-「ネットワーク設定」を実行します。
表示されるダイアログで、「ライブラリを公開」をチェックし、Okボタンを押します。

「ネットワーク設定」ダイアログでは、以下のオプションを変更する事も出来ます。

■コミュニティ名
名称を変更すると同じ名称を設定したクライアント以外からのアクセスを禁止できます。
コミュニティ名はパスワード的な使い方が出来ますが、名称は平文でネットワークに流されます。

■ポート番号
規定のポート番号を他ソフトが使用している場合には、本ソフトは正しく動作できません。
このため、この様な場合には、ポート番号は変更して下さい。
サーバーのポート番号を変更した場合にはクライアントでも同じ番号を指定する必要があります。

■公開名
公開名はクライアントでサーバフォルダ名として表示されます。
デフォルト状態ではPCのコンピューター名が設定されますが、任意の文字列に変更できます。

■クライアント機能を動作させる方法
まず、ライブラリビューで「ファイル」-「ネットワーク設定」を実行します。
続いて、表示されるダイアログで「転送先をマウント」をチェックします。
最後に、接続先のアドレスを追加して、Okボタンを押します。

接続アドレスの追加は「検索で追加」ボタンと「手動で追加」ボタンで行えます。

■検索で追加
ボタンを押すと、まず、応答を要求するブロードキャストパケットが送信されます。
ローカルネットワークの稼働中サーバーは、これに応答してIPアドレスを通知します。
本機能では、この通知されたIPアドレスが自動的に追加されます。

上記の通りですので、「検索で追加」時には、接続先サーバーは稼働させておく必要があります。

また、WiFiネットワークでは、ブロードキャストパケットが正しく転送されない場合があります。
この様な場合には、サーバーは検索されませんので、「手動で追加」する必要があります。

■手動で追加
ボタンを押すと、IPアドレス入力用のダイアログが表示されます。
このダイアログに「192.168.1.1」の様な接続先サーバーのIPアドレスを入力して下さい。

サーバーのIPアドレスは、サーバーマシン上の本ソフトで確認できます。
IPアドレスは、ネットワーク設定ダイアログの「ライブラリを公開」の右に表示されます。

- ご注意 -
サーバーを追加すると、ライブラリビューにサーバーを示すピンク色のフォルダーが追加されます。
サーバーが稼働中ではなかった場合、フォルダー名は指定したIPアドレスになります。

稼働中のサーバーに接続できると、その後のフォルダー名はサーバーの公開名になります。
その後は、サーバーの状態に合わせて、フォルダーの明暗が変化します。

サーバーが稼働中の場合、フォルダーの色は明るいピンク色になります。
この状態ではフォルダーのポップアップメニューから「スリープ」コマンドが実行できます。

サーバーフォルダーが暗いピンク色になっている場合、サーバーは稼働中ではない事を示します。
この状態ではフォルダーのポップアップメニューから「オンライン化」コマンドが実行できます。

「オンライン化」では、マジックパケットを送信してサーバーをスリープから復帰させようとします。
ただし、サーバーがWOLに非対応の場合、復帰しませんので、「処理の中止」ボタンを押して下さい。

トップに戻る 次ページ