AG-ムービーカッター オンラインヘルプ


【動画の再生方法】
本ソフトでは、読み込んだ動画の再生は一般の動画プレイヤーと同様の感覚で行えます。
動画を再生/停止したい場合には、ウインドウ下部のコントロール領域にある再生/停止ボタンを使います。
再生位置を変更したい場合には、コントロール領域にあるシークバーを使います。

■再生位置の微調整
再生の停止中には、マウスホイールやキー入力により、再生位置を微調整できます。

マウスホイールでの微調整は通常時にはフレーム移動(コマ送り/コマ戻り)になります。
ポップアップメニューの「ホイールで1秒移動」をONにすると一秒単位での移動になります。

利用可能なキー入力は「操作」メニューのアクセラレータとして登録されています。
このため、再生位置の微調整は「操作」メニューの各項目で行わせる事もできます。

■領域指定とループ再生
コントロール領域にある「S」「E」ボタンを使用して領域指定を行う事が出来ます。
対象領域の開始位置で「S」ボタンを押し、終了位置で「E」ボタンを押します。
それぞれの指定を解除する場合には、再度それぞれのボタンを押します。

ポップアップメニューの「ループ再生」をONにすると再生中に終了位置に達すると開始位置に戻ります。
このため、領域指定とループ再生を組み合わせると指定領域を繰り返し再生させる事ができます。
- ご注意 -
「S」「E」ボタンが押されていない場合、動画の開始/終了位置がそれらの代用として使われます。
このため、領域指定を行わずに「ループ再生」を指定すると動画全体がループ再生されます。

ループ再生の指定中はコントロール領域の時間表示の末尾に「L」表記が追加されます。

■複数動画の再生
複数動画を読み込んでいる場合、それらは連続した動画として再生されます。

動画間の移動はシークバーで通常動画と同様に行えます。
また、コントロール領域の「<<」「>>」ボタンで動画間の移動を行う事もできます。

■全画面表示とシンプル表示
本ソフトでは、ポップアップメニューで「全画面表示」/「シンプル表示」を指定できます。

「全画面表示」は一般動画プレイヤーと同様のフルスクリーン表示になります。
「全画面表示」のON/OFFは映像表示領域のダブルクリックでも行えます。

「シンプル表示」を指定するとメニューバーとコントロール領域が非表示になります。
「シンプル表示」時のデスクトップ上での表示位置は通常位置とは別に記憶されます。

■再生音量の調整
再生音量の調整はコントロール領域の右下にあるスライダーで行えます。
ミュートのON/OFFはスライダーの左にあるアイコンのON/OFFで行えます。

音声を聞き取り安くしたい場合にはポップアップメニューの「再生音量の自動調整」をONにします。
「再生音量の自動調整」をONにすると音量が小さいシーンで音声の増幅率が自動的に上昇します。

■映像/音声の調整
本ソフトでは、「オプション」メニューの各項目を使って映像や音声を調整できます。
映像/音声調整の詳細については動画の調整方法の頁を参照して下さい。

トップに戻る 次ページ