AG-ムービーカッター オンラインヘルプ


【動画の調整方法】
本ソフトに読み込んだ動画は「オプション」メニューの項目を使って調整できます。
調整は再生時に適用されますが、オリジナル動画ファイル自体は変更されません。
調整結果をファイル保存したい場合には「切り出し」メニューの項目を使います。

■トリミング
指定する四角形内のみを映像として切り出します。
四角形の指定はマウスを使って簡単に行えます。
マウスでの指定後、数値入力でより正確な値に修正する事もできます。
- ご注意 -
処理結果をファイル保存する場合には映像はエンコードする事になります。
エンコード形式によっては縦横のサイズは共に2の倍数にする必要があります。
サイズは各エンコード形式の設定ダイアログで数値指定する事ができます。

■アスペクト比
数値指定で映像を縦や横に引き延ばしたり縮めたりします。
動画のアスペクト比が正しくない場合、本機能で正しい比率に修正できます。

通常、昔のアナログTV用のコンテンツのアスペクト比には4:3を指定します。
最近の映像コンテンツでは、通常、アスペクト比には16:9を指定します。
- ご注意 -
処理結果をファイル保存する場合には映像はエンコードする事になります。
エンコード形式によっては縦横のサイズは共に2の倍数にする必要があります。
サイズは各エンコード形式の設定ダイアログで数値指定する事ができます。

■映像調整
明るさ/コントラスト/彩度/色温度/色相の調整を行います。

各項目をチェックし、スライダーを左右に動かすと調整結果を即時適用できます。

■ノイズフィルタ
映像のノイズを軽減します。

本ノイズフィルタは平滑化範囲で指定する領域を平滑化する事でノイズを軽減します。
平滑化範囲を大きくすると大きなノイズも軽減できますがボヤけた感じになります。

平滑化強度を強く(大きな値に)すると軽減効果は増加しますがボヤけた感じになります。

エッジ保存感度を強く(大きな値に)すると画像のエッジ部分のボヤけを軽減できます。
ただし、この場合にはノイズ軽減効果は薄れる場合があります。

■イコライザ
周波数毎の増幅率を指定する事で音質の調整を行います。
ブースターにより、増幅率を一括調整する事もできます。

6dBで約2倍、12dBで約4倍、18dBで約8倍の増幅率に設定できます。
マイナス値の場合には、-6dBで約1/2、-12dBで約1/4、-18dBで約1/8になります。
- ご注意 -
通常、音量調整はコントロール領域のスライダーで行います。
ブースターは、この音量調整を最大にしても音が小さい場合に使用できます。
ただし、ブースターにより増幅率を上げすぎた場合には音声が歪む場合があります。
出力音量はポップアップメニューの「音量テロップ表示」で視覚的に確認する事ができます。

長期的な出力の強弱を気にしない場合には「再生音量の自動調整」も利用できます。
この設定を行うと最大音量付近になる様にリアルタイムに増幅率が自動調整されます。
エンコード設定では、音量の「自動調整」と「正規化」も選択できます。

■音声オフセット
音声の再生タイミングを調整します。
動画に音ズレがある場合には、本機能でタイミング調整してズレを無くせます。
- ご注意 -
本機能は再生動画がAGM形式の場合にのみ機能します。

「無劣化切り出し時にも適用」をONにすると音ズレを無劣化で修正できます。
(フリー版では無劣化切り出し機能は利用できません)

トップに戻る 次ページ