AG-ムービーカッター オンラインヘルプ


【エンコード設定】
本ソフトの「切り出し」メニューで動画や映像/音声を出力するとエンコードが行われます。
エンコードの詳細は「オプション」-「エンコード設定」の各形式の項目で変更できます。
以下にいくつかの形式で使用される共通設定項目と各形式専用の設定項目について説明します。

■共通設定項目
オーディオ-周波数/CH数/ビット数
音声の特性を指定します。

周波数は大きな数字にするほど高音質になりますが、圧縮率は低下します。
44100Hzは音楽用CDと同一音質になるため、通常は十分な高音質になります。

CH数を1に設定すると音声トラックはモノラルに変換されて出力されます。
2を指定すると通常のステレオ音声として出力されます。
CH数を1に設定すると2に設定する場合よりも圧縮率が向上します。

ビット数は16Bit/8Bit/ADPCMから選択できます。
ADPCMは16Bitデータを4Bitに圧縮する形式になります。
このため、音質は16Bitが最高、次にADPCM、8Bitは最低になります。
圧縮率はADPCMが最も高く、その次に8Bit、16Bitが最低になります。
(ADPCMはAGM形式でのみ使用できます)

オーディオ-音量
音量の自動調整の有無を指定できます。

「正規化」を指定すると、全領域の音声レベルがチェックされます。
その結果を受けて、最高レベルが最大音量となる様に音声増幅率が設定されます。
本指定を行うと、全体的に音声レベルが小さい動画の音声を聞き取り安くできます。

「自動調整」を指定すると、常時、最大音量となる様に音声増幅率が設定されます。
本指定を行うと、レベルの強弱が大きい動画の音声を聞き取り安くできます。
ただし、全体から見た個別部分の音声レベルの強弱特性は失われます。

オプション-サイズ指定
出力する動画ファイルの解像度を指定します。
本指定を行わない場合には、オリジナル動画の解像度が継承されます。
本指定ではアスペクト比は変更されません。
アスペクト比がミスマッチの場合には、映像は中央に配置され余白は黒で埋められます。

オプション-フレームレート指定
出力する動画のフレームレートを指定します。
本指定を行わない場合には、オリジナル動画のフレームレートが継承されます。
通常、フレームレートを小さくすると出力ファイルのサイズを小さくできます。

オプション-分割並列エンコード
オリジナル動画を複数の領域に分割して並列エンコードする事を指示します。
本指定を行うとエンコード時間を短縮できる場合があります。
ただし、オリジナル動画と出力形式によっては分割部分にノイズが乗る場合があります。
オリジナル動画と出力形式が共にAGM形式の場合、ノイズの発生は最大限抑えられます。
- ご注意 -
分割並列エンコードでは、最初に分割された各動画が設定ファイルと同じフォルダーに出力されます。
その後、それらの各動画が無劣化結合されて出力されます。
出力後、最初に作成された各動画は自動的に削除されます。(ファイル名:AGMCutTmp_xxxx_x.bin)

分割並列エンコードでは通常より多くのメモリを使用するため、32Bit版ではメモリ不足となる場合があります。
ストレージ性能が低い環境では分割並列エンコードを行うと通常よりも処理時間がかかる場合があります。

分割並列エンコード機能はフリー版では利用できません
また、MP4形式動画の出力時には、分割並列エンコードは行えません。

処理性能制限
通常、エンコード時にはCPU負荷が高くなるため、同時に他の作業を行うのは難しくなります。
このため、本ソフトでは、エンコード時のCPU使用率を抑える機能を用意しています。

「オプション」メニューの「処理性能制限」を利用すると、エンコード時のCPU使用率を抑えられます。
「10%」〜「90%」を指定するとCPU使用率を抑えられます。
より大きなパーセントを指定するとよりCPU使用率を抑えられますが、処理性能は低下します。

■AGM形式専用の設定項目
ビデオ-圧縮
映像の圧縮形式を指定します。以下が選択可能です。

動画圧縮 (YV12):ブロックノイズが発生しない高画質形式ですが、圧縮率は低くなります。
可逆圧縮 (RGB):画質劣化が発生しない最高画質形式ですが、圧縮率も最低になります。
非可逆圧縮 (DCT):ブロックノイズが発生する場合がありますが、圧縮率は比較的良好です。
視聴用圧縮 (DCT+):DCTに動き補償等の技術が加えれられており、圧縮率はより良好です。

視聴用にエンコード出力する場合には、「視聴用圧縮 (DCT+)」がお勧めです。
ただし、画質とコマ戻り性能が低い為、動画編集用にはその他の形式がお勧めです。
(YV12/RGB形式はフリー版では利用できません)

ビデオ-キー周期
キーフレームを何フレームに一回入れるか指定します。
例えば、30FPSの動画で30を指定すると、1秒に一回の割合でキーフレームが挿入されます。
キーフレームをより多く設定するとシーク時の応答がより良くなりますが、圧縮率はより低下します。
- ご注意 -
「オプション-高圧縮エンコード」指定時には、画面変化が激しい場面等でキーフレームは自動追加挿入されます。
(高圧縮エンコードはフリー版では使用できません)

ビデオ-画質
DCT/DCT+の画質を0〜100(100が高画質)で設定します。(画質を上げると圧縮率は下がります)
DCTでは、画質を低く設定するとブロックノイズが気になる様になります。
DCT+では、画質を低く設定すると画面変化時に残像の様なノイズが発生する様になります。

DCTのデフォルト値は動画編集で利用される事を想定して高画質(90)に設定されています。
DCT+のデフォルト値はラフな視聴用に利用される事を想定して低画質(50)に設定されています。
DCTの圧縮率を上げたい場合には値を下げ、DCT+の画質を上げたい場合には値を上げて下さい。

オプション-高圧縮エンコード
圧縮率をより高くする機構を動作させるかどうかを指定します。
本指定を行うと、通常は、出力ファイルのサイズを数割程度縮小できます。
ただし、エンコード処理のCPU負荷は若干増大します。
(本指定はフリー版では使用できません)

■WMV形式専用の設定項目
ビデオ-方式/品質/ビットレート/制限/ウインドウ
映像のエンコード方式を指定します。
通常、1PASSよりも2PASSの方が圧縮率か画質が良くなります。
ただし、2PASSエンコードは対象動画を2回スキャンする為、処理時間がより多くかかります。

エンコード品質を画質で指定したい場合には品質指定を利用して下さい。
品質スライダーで、0:最低画質/最高圧縮率〜100:最高画質/最低圧縮率、まで指定できます。

ビットレート指定は出力ファイルサイズが重要になる場合に利用して下さい。
例えば、2000kbpsを指定すると1秒あたりの映像分の出力サイズは2000/8=200kB程度になります。
ただし、ビットレート指定では映像の解像度の大小は考慮されません。
このため、解像度が高い動画に低い動画と同じ設定を行うと画質が悪くなる場合があります。

2PASSエンコードでは固定ビットレートと可変ビットレートが選択できます。

固定ビットレートでは、情報量が多い場面と少ない場面で同様のビットレートが使用されます。
このため、動きの激しい場面等、情報量が多い場面で画質が劣化する場合があります。

可変ビットレートでは、平均ビットレートを指定値にしつつ、場面毎にビットレートを変更します。
このため、同じビットレート指定でも、固定ビットレート指定より画質劣化は発生し辛くなります。
ただし、あまりビットレートの変化が激しすぎると、再生時に問題が発生する場合があります。
このため、本モードでは、ウインドウ時間内での最大平均ビットレートを制限として指定できます。
- ご注意 -
ビットレート/固定ビットレート指定では、エンコードが上手く行えずに画像が乱れるケースが増えます。
このため、より安定したエンコード出力を得たい場合には、品質指定/可変ビットレートがお勧めです。

ビデオ-キーフレーム
何m秒毎にキーフレームを挿入するかを指定します。
キーフレームをより多く挿入するとシーク時の応答が良くなりますが、圧縮率は低下します。

オーディオ-可変ビットレート/2PASSエンコード/制限/ウインドウ
各項目の詳細は映像に対する説明と同様です。
品質/ビットレートは「フォーマット」で指定します。

オーディオ-フォーマット
以下の様なフォーマットの中から、希望するモードを選択します。

品質値/ビットレート,サンプリング周波数,ステレオ/モノラル

品質値/ビットレート/サンプリング周波数は一般には高い方が高音質になります。
ただし、必要以上に高く設定すると圧縮率が低下します。

オプション-互換性重視の無劣化切り出し
本項目をONにすると、無劣化切り出しする動画の互換性が高まります。
ただし、ファイルサイズは若干増加します。

オプション-Advanced Profileを使用
本項目をONにすると、エンコード品質が向上する場合があります。
ただし、再生環境によっては、問題が発生する場合があります。

■AVI形式専用の設定項目
ビデオ-コーデック
映像のエンコード用に使用するコーデックを選択します。
選択用のコンボボックスには、インストールされているコーデックが列挙されます。
選択コーデックによって、より詳細な「設定」が利用できる場合があります。
- ご注意 -
本ソフトが動作確認しているコーデックは「MJPEG Compressor」のみです。
それ以外のコーデックを選択した場合、正しくエンコードできない場合があります。

ビデオ-圧縮品質/キー周期
選択したコーデックによって、指定可能な場合と不可能な場合があります。
圧縮品質は大きな数字に設定した方が高画質/低圧縮率になります。
「キー周期」の詳細はAGM形式動画と同一です。

オーディオ-コーデック/音質
音声のエンコード用に使用するコーデックを選択します。
選択用のコンボボックスには、インストールされているコーデックが列挙されます。
音質設定はコーデックにより異なりますが、基本は共通設定の周波数/CH数/ビット数と同様です。
- ご注意 -
本ソフトが動作確認しているコーデックは「PCM」/「IMA ADPCM」/「Microsoft ADPCM」のみです。
それ以外のコーデックを選択した場合、正しくエンコードできない場合があります。

■MP4形式
ビデオ-プロファイル/画質
映像のエンコード用に使用するプロファイルと画質を指定します。
プロファイルは「High」>「Main」>「Baseline」の順でより高度なエンコード技術を使います。
このため、例えば「Baseline」よりも「Main」にした方が画質/圧縮率が良くなる場合があります。
ただし、「High」/「Main」は「Baseline」よりも環境によって再生できない可能性が高くなります。
- ご注意 -
Windows7では「High」は使用できません。

ビデオ-HWエンコードを許可
本項目をONに設定すると利用可能な環境ではエンコード時に専用HWが使用される様になります。

IntelのCorei CPUでは、第二世代以降、エンコード用のH/WとしてQSVが実装されています。
このため、本項目をONにするとハードウェアエンコードが行われます。

ハードウェアエンコードは通常のソフトフェアエンコードよりも数倍高速になります。
ただし、画質や圧縮率については、ソフトウェアエンコードの方が優秀な場合があります。
- ご注意 -
Windows7では本機能は利用できません。(ソフトウェアエンコードになります)

オーディオ-周波数/CH数/ビットレート
周波数として選択可能なのは「48000Hz (DVD音質)」と「44100Hz (CD音質)」のみです。
CH数として選択可能なのは「1Ch (モノラル)」と「2Ch (ステレオ)」のみです。
ビットレートは96kbps〜192kbpsの4タイプから選択できます。

■WMA形式
設定項目の詳細はWMVのオーディオ設定と同一です。

■WAV形式
設定項目の詳細は共通設定項目にあります。

■M4A形式
設定項目の詳細はMP4のオーディオ設定と同一です。

トップに戻る 次ページ