AG-ムービーカッター オンラインヘルプ


【ファイルリスト機能】
本ソフトでは読み込んでいる複数動画ファイルのパスをファイルリストに保存できます。
次回以降の読み込み時には、このファイルリストを読み込む事で全ファイルを一度に読み込めます。
また、ファイルリストを編集すれば動画ファイルの並びを変更する事ができます。

■ファイルリストの保存
ファイルリストの保存は「ファイル」-「ファイルリストの保存」で行えます。
保存されるファイルリストには、保存時の一連の動画ファイルの並び情報が記録されます。
- ご注意 -
動画が一つも読み込まれていない状況では保存は行えません。

■ファイルリストの読み込み
ファイルリストの読み込みは「ファイル」-「ファイルリストの読み込み」で行えます。
ファイルリストを読み込むと、記録情報に従って一連の動画ファイルが読み込まれます。
- ご注意 -
読み込めない動画があった場合には、その動画に対するエラーダイアログが表示されます。

■ファイルリストの編集
ファイルリストの内容は通常のテキストファイルと同じです。
このため、拡張子を「txt」に変更すればメモ帳等のテキストエディタで編集できます。

リストファイルの先頭行は以下のヘッダーテキストでなければなりません。
- AG-ムービーカッター Movie List Ver1.00 -

ヘッダーテキストの次の行からは、動画のパスを一行に一つずつ記述します。
動画の並びを変更したい場合には、このパス行を入れ替えます。
新しい動画の挿入や既存動画の削除も、このパスを編集する事で行えます。
- ご注意 -
「ファイル」-「ファイルリストの読み込み」では、拡張子がtxtのリストファイルも扱えます。
ただし、エクスプローラからのドロップ等では、拡張子は「mvl」でなければなりません。
ファイルリストを常用する場合には拡張子は「mvl」に再変更される事をお勧めします。

トップに戻る 次ページ