WaveClipper オンラインヘルプ


動作環境
本ソフトを使用するために必要な動作環境は以下の通りです。

■オペレーティングシステム
本ソフトは32/64Bit版のWindows Vista〜10で動作します。
(Vistaではm4a形式での出力機能は利用できません)
- ご注意 -
本ソフトには32/64Bit版の実行ファイルが同梱されています。
32Bit版は64Bit環境でも利用できますが、64Bit環境では、64Bit版の利用をお勧めします。
64Bit版実行ファイルは32Bit版よりも大きなデータを扱えます。

■メインメモリ
本ソフトはWAVデータをメモリ上で処理するため、データサイズに応じたメモリ量が必要になります。
編集処理時にはオリジナルデータの二倍強のメモリ量が使用される可能性があります。
- ご注意 -
32Bit版で処理可能な最大データサイズは300MB強です。
このサイズは音楽CD音質(44.1kHz/ステレオ/16Bit)で30分、固定電話音質(8kHz/モノラル/8Bit)で約11時間分に相当します。

64Bit版では2GBまでのデータを扱えます。
ただし、PCの搭載メモリ量が少ない場合、データサイズが大きくなると処理速度は著しく低下しますのでご注意下さい。

■サウンド回路
本ソフトで録音/再生を行うためにはサウンド回路が必要です。
ただし、本ソフトは特定のハードウェアには特化していません。
このため、音声の録音/再生が行える通常のPC環境であれば基本機能は利用できます。
- ご注意 -
データビット数24/32Bit、サンプリング周波数96/192kHz等の設定はハードウェアによっては利用できない場合があります。
このような場合には録音/再生時にその旨が通知されますので、サンプリング設定を変更して下さい。

トップに戻る 次ページ