各種リソースのダウンロードページ

本ページにはMasterReversi関連の各種リソースをアップロードしています。

フルサイズBookデータ
標準添付版Book(Ver1.4.1)のフルサイズデータです。
標準添版Bookにデータを追加する場合等に使用して下さい。

book141_full.mrb (6.36MB)

標準添付版Bookはデータサイズを減らすために登録内容を整理しています。
このため、データを追加すると構造調査によって期待しないBook値が算出される場合があります。

Book生成用データベースデータ
標準添付版Book(Ver1.4.1)の元データとなるデータベースデータです。
より高精度のBookを作成する場合に元データとして利用して下さい。

http://t-ishii.la.coocan.jp/MRDATA/Book141Data.mrd (8.38MB)

上記データからBookを生成するステップは以下の通りです。

1.「管理」-「Bookデータ」-「閲覧と編集」でBookダイアログを表示
2.「初期化」ボタンを押して読み込まれているBookデータを初期化
3.「追加」ボタンを押しファイル形式に「データベース形式」を選択
4.表示されるファイルダイアログで上記データを指定

上記のステップにより、標準添付版相当のフルサイズBookが生成されます。
Bookの精度を上げたい場合には、上記のデータベースに最善進行の対局データを追加して同様のステップを行って下さい。

評価データの学習用データベースデータ
標準添付版評価データ(Ver1.41)の学習用データベースデータです。
より高精度の評価データを作成する場合に学習データの元データとして利用して下さい。

http://t-ishii.la.coocan.jp/MRDATA/Eval141Data.mrd (93.7MB)

上記データから評価データを生成するステップは以下の通りです。

1.「管理」-「評価データ」-「閲覧と編集」で評価データダイアログを表示
2.「初期化」ボタンを押して読み込まれている評価データを初期化
3.「ファイル」-「データベースの読み込み」で上記データを指定
4.「管理」-「評価データ」-「パラメータの学習」でダイアログを表示
5.「開始」ボタンで学習を開始

学習回数は必要以上に増やしても精度の向上効果は無く、少なすぎると精度が得られません。
このため、上記データの場合には、学習回数はデフォルトの300回のままにしておきます。
300回のパラメータの学習には高速なPCで数時間はかかります。
評価データの精度を上げたい場合には、評価精度が悪かった対局データを追加して同様のステップを行って下さい。

棋譜リストファイル→GGFファイルコンバータ
F5F6F7...形式の棋譜が各行に1ゲーム記述された棋譜リストファイルをGGFフォーマットに変換します。
Professional版で棋譜リストをデータベースに読み込ませたい場合に使用して下さい。
(エラーチェックを省略しているため、存在しない入力ファイルの指定等でクラッシュしますのでご承知おき下さい)

使用方法: RawToGGF 入力ファイル名 出力ファイル名

出力ファイルは「管理」-「データベース」-「閲覧と編集」でデータベースダイアログを起動し、
「追加」ボタンから「GGF形式」を指定してデータベースに追加できます。

RawToGGF.zip (55KB)

ZebraのBookファイル→棋譜ファイルコンバータ
有名なリバーシプログラムであるZebraのBookファイルから棋譜+スコア形式のテキストファイルを作成します。
出力ファイルはProfessional版でBook作成用に利用できます。
WZebraで作成したBookをMasterReversiに移植する場合等に利用して下さい。

使用方法: ZebraBookConv 入力ファイル名 出力ファイル名

出力ファイルは「管理」-「Bookデータ」-「閲覧と編集」でBookダイアログを起動し、
「追加」ボタンから「テキスト形式」を指定してBookに追加できます。

ZebraBookConv.zip (63KB)

ZebraBookConvはGPLで公開されているZebraのソースコードの一部を使用しているため、GPLでの公開になります。
ZebraBookConv.zipにはプログラム(ZebraBookConv.exe)以外にソースコードとビルド関連ファイルも含まれています。
詳細についてはZebraBookConv.zipのreadme.txtを参照して下さい。

TOPページに戻る