【Mirror-DTCの基本情報: 環境依存問題の回避設定】

特殊な環境では、環境依存問題が発生する場合があります。
環境依存の問題が発生した場合には、MCClient.exe/MCSrv.exeと同一フォルダーのMCClient.ini/MCSrv.iniの設定を変更して下さい。
次回起動時から、その設定に従った対策が行われます。

= MCSrv.iniの設定項目 =

IniCheck
本設定値を1に変更すると、MCSrv.exeの立ち上げ時に設定値の確認ダイアログが表示される様になります。
本設定は、設定内容が正しく認識されている事を確認する為に使用します。

NoSoundClose
サーバーへの二回目以降の接続が上手く行かない場合には、サウンド処理がフリーズしている可能性があります。
このよう場合には、本設定値を1に設定してみて下さい。
本設定が1に設定された場合には、接続切断時のwaveinデバイスへのクローズ処理が抑制されます。

NoSystemMode
本設定値を1に変更すると、「管理者として実行」で起動された場合にも、システム権限の取得は行わない様になります。
システム権限の取得は、起動時に一時的にサービス登録を行い、そのサービスからMCSrv.exeを起動する形式で行われます。
このため、レジストリ等に問題があり「管理者として実行」で起動しない場合には、本設定で起動可能になる場合があります。
また、システム権限が強力すぎると思われる場合には、本設定で単純な管理者権限付きでMCSrv.exeを起動する事も出来ます。

NoDupAPI
本設定値を1に変更すると、Windows8以降で使用しているDesktop Duplication APIを使用しなくなります。
このAPIではGPUが利用されるため、高速な画面キャプチャーが行えますが、環境によっては問題が発生する可能性もあります。
このため、画面キャプチャーが正しく行われない場合には、本設定で問題を回避できる可能性があります。

NoClientName
本設定値を1に変更すると、クライアント名の表示を従来版と同様のIPアドレスに切り替えられます。
クライアント名が特殊で、接続時に問題が発生する場合には、本設定で問題を回避できる可能性があります。

SimpleSound
本設定値を1に変更すると、サウンド処理が簡略化され、特定環境で発生するCPU負荷が異常に増大する問題を回避できます。


= MCClient.exe用 =

IniCheck
本設定値を1に変更すると、MCSrv.exeの立ち上げ時に設定値の確認ダイアログが表示される様になります。
本設定は、設定内容が正しく認識されている事を確認する為に使用します。

NoKeyboardUse
本設定を1に変更するとキー入力データの使用が禁止されます。
MCClient.exeはWindowsのグローバルHook機能を使ってキー入力データを取り込みます。
このため、漢字キー等の特殊キーの入力も可能ですが、他ソフトの動作に影響を与える場合があります。
本設定が行われた場合、グローバルHookも禁止されますので、キー入力関係で問題がある場合に状況が変わる可能性があります。
ただし、MCClient.exeはキー入力を認識出来なくなりますので、キー入力転送はスクリーンキーボードで行う必要が生じます。

NoSoftKey
本設定値を1に変更すると「スクリーンキーボード」等のソフトキーボードからの入力をサーバーに送信しなくなります。
キー入力のエミュレート等を行う他ソフトとの併用時に問題が発生する場合には、本設定で問題を回避できる可能性があります。

NoD2D
本設定を1に変更するとDirect2D描画を禁止してGDI描画に切り替えます。
GPU環境の問題によりDirect2D描画が正しく行えない場合には、本設定で問題を回避できます。

NoBroadcast
本設定を1に変更すると、UDP接続ダイアログ起動時にサーバー検出用に自動送信されるブロードキャスト送信を禁止できます。
ネットワーク機器の問題等により、ブロードキャストパケットが悪影響を与える場合には、本設定で問題を回避できます。

NoNameXfer
本設定を1に変更するとコンピュータ名の送信が行われなくなります。
クライアント名が特殊で、接続時に問題が発生する場合には、本設定で問題を回避できる可能性があります。

NoEncrypt
本設定を1に変更すると通信時の暗号化が行われなくなります。
この場合にも、認証用には暗号化が行われますので、パスワードが平文でネットワークに流れる事はありません。
暗号化を禁止すると動作時の処理負荷を、若干、抑える事が出来ます。

NoAdpcm_Enh1
本設定を1に変更するとADPCM圧縮の音割れ防止機能を無効化出来ます。
音割れ防止機能は最大レベルを超える入力があった場合に自動的に内部ボリュームを絞ります。
このため、音量レベルは、若干、変化する場合がありますので、気になる場合には、本設定で回避できます。

NoAdpcm_Enh2
本設定を1に変更するとADPCM圧縮の低周波数時用ノイズ軽減機能を禁止出来ます。
ノイズ軽減機能を動作させるとサンプリング周波数の1/3以上の周波数成分をカットします。
このため、出力音声の高周波成分もカットされます。
少々ノイズが乗っても高周波成分をカットしたくない場合には本設定で問題を回避できます。

NoDCReduction
本設定を1に変更すると「映像圧縮」と「ストリーミング圧縮」の圧縮率向上用減色拡張処理を禁止できます。
減色拡張処理を動作させると圧縮率は2倍程度向上しますが、画質は比較的大きく劣化します。
圧縮率がさほど必要なく減色時の画質劣化を抑えたい場合には本設定で問題を回避できます。

ForceDBLClick
本設定を1に変更するとダブルクリック時にサーバー側で強制的に高速な2回のクリックを発生させます。
低速ネットワーク環境ではクライアント側でのダブルクリックがサーバー側でクリック2回と認識される可能性があります。
このように場合には、本設定を1に変更すると問題を回避できます。
ただし、ダブルクリックを行うとサーバー側では三回分のクリックが発生することになります。

SlowAudio
本設定を1に変更すると音声転送用に2倍のバッファリング時間を持たせる事が出来ます。
ネットワーク転送が不安定で音飛びが発生する場合には、本設定で問題を回避できる場合があります。
ただし、音声の遅延時間は若干増えます。

WindowFitShrink
本設定を1に変更すると非固定倍率表示時にサーバーでの自動縮小を許可できます。
「ウインドウに合わせる」等の非固定倍率表示時の縮小画像の乱れが気になる場合には本設定で問題を回避できます。
ただし、この場合には、全般的に表示のクリア感は失われます。





プライバシーポリシー