【Mirror-DTCの追加情報: Mac OS Xでのサーバー用環境設定】

= Macの出力音を転送させるための設定 =
サーバーをMac OS Xで動作させた場合には、音声転送の音源はサーバーマシンで設定されているサウンドの入力用装置になります。
このため、出力音を転送させるためには、サーバー側に出力音を入力してくれる入力装置が必要になります。

しかし、通常は、Macにはそのような入力装置は搭載されていません。
このため、出力音を転送させるためには、このような装置の機能を代行してくれるソフトを別途インストールする必要があります。
このようなソフトの中では、Soundflowerというフリーソフトが有名でMirror-DTCサーバーの動作確認用にも使われています。

このため、Mirror-DTCサーバーに出力音を転送させたい場合には、Soundflowerをインストールされる事をお勧めします。
Soundflowerのダウンロードサイトは、ネットで「Soundflower」を検索すれば、すぐに見つかる筈です。

Soundflowerをインストールした場合、「システム環境設定」-「サウンド」の出力/入力装置にSoundflowerが追加されます。
出力音を転送させたい場合には、Mirror-DTCサーバーを起動する前に、出力/入力装置の両方をSoundflowerに変更して下さい。

- サウンドの出力装置設定 -



Soundflowerは(2ch)用と(16ch)用が追加されますが、(2ch)用を選択して下さい。
Soundflowerを選択すると、スピーカーから音は出なくなりますが、設定を「内蔵スピーカー」に戻せば、音は出るようになります。
その場合には、出力音はMirror-DTCへ転送されなくなりますので、設定は状況に応じて使い分けるようにして下さい。

- サウンドの入力装置設定 -



Soundflowerは(2ch)用と(16ch)用が追加されますが、(2ch)用を選択して下さい。

- ご注意 -
OS X 10.11ではSIP(System Integrity Protection)により、従来版のSoundflowerの動作はブロックされます。
このため、OS X 10.11で従来版のSoundflowerを利用したい場合には、SIPはdisableにする必要があります。
SIPをdisableにする操作は以下になります。

1. Macを復元パーティションから起動(リカバリーモードで起動)
2.「ユーティリティ」メニューからターミナルを起動
3.ターミナルで「csrutil disable」と入力
4.Macを再起動

なお、ネットを検索するとOS X 10.11に対応したSoundflowerの別バージョンが見つかるかもしれません。
そのバージョンが使用できる場合には、SIPをdisableにする必要はありません。
SIPをenableに戻したい場合には、上記とほぼ同様の手順で、3.のみ「csrutil enable」とします。

= Mirror-DTCサーバーをマシンの起動直後から利用可能にする設定 =
Mac OS X用のMirror-DTCサーバーはユーザー切り替え/ログオン画面には対応していません。
また、アプリケーションの形式になっているため、通常は手入力による起動が必要になります。

このため、Mirror-DTCサーバーをマシンの起動直後から利用可能にするためには、二つの設定が必要になります。

一つ目の設定では、起動後にログオン画面が表示されないようにするために、Mac OS Xの自動ログイン機能を有効にします。
二つ目の設定では、Mirror-DTCサーバーを自動的に起動させるために、ログイン項目に追加します。

- 自動ログインを有効化 -



- ログイン項目に追加 -



ただし、上記の設定を行った場合、起動したMacはパスワード入力の必要なく、誰でも使える状態になってしまいます。
このため、Mirror-DTCサーバーを常用したい場合には、スリープ運用する形にした方が良いかもしれません。

Mirror-DTCサーバーはスリープからの復帰時のパスワード入力画面には対応しています。
スリープからの復帰時にパスワード入力が求められるように設定しておけば、セキュリティを向上できます。
また、Wake On Lan機能を利用すれば、スリープからの復帰もクライアントマシンから行えるようになります。

- スリープ後のパスワード要求の設定 -




= Wake On Lan機能を有効化するための設定 =
Mac OS XでWake On Lan機能を有効化する場合には、「システム環境設定」-「省エネルギー」で、
「ネットワークアクセスによってスリープを解除」にチェックを入れます。

- Wake On Lan機能を有効化する省エネルギー設定 -



OSのバージョンが10.6 (Snow Leopard)の場合には、上記の設定だけで、Wake On Lan機能が使えるようになります。

しかし、OSのバージョンが10.7 (Lion)以降の場合には、「Low power wake」という機能が有効化されているため、
通常は、マジックパケットを受信しても、システムサービスしか利用できるようにはなりません。

このため、Lion以降でMirror-DTCが利用できる通常のWake On Lan機能を有効化するためには、他の設定も必要になります。
具体的には、/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plistファイルの内容を以下のように変更します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple Computer//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
        <key>Kernel</key>
        <string>mach_kernel</string>
        <key>Kernel Flags</key>
        <string>darkwake=0</string>
</dict>
</plist>

変更内容は、darkwake=0の追加のみです。

ただし、この設定を行うためにはroot権限が必要になるため、危険です。
また、この設定方法は、公式ドキュメントに書かれているものではありませんので、変更により重大な問題が発生する可能性もあります。

このため、上記の変更はお勧めしません。
それでも変更してみたい、という場合には、自己責任でお願いします。

※Ver1.3.0.2以降のMirror-DTCサーバーでは、「Low power wake」(Darkwake)に対応させたため、上記の変更は不要になっています。




プライバシーポリシー