Mirror-DTC for Android ヘルプ


接続画面の操作 (ダイレクト/マルチタッチモード)
接続画面の操作方法は「操作画面」設定で選択できます。 ダイレクト/マルチタッチモードではタッチ位置情報を直接利用する事で直感的な操作を可能にしています。
- ご注意 -
「マルチタッチモード」はキーボード入力用モードで、マウス入力では選択できません。

■マウス入力
画面をドラッグ/スワイプすると、サーバー画面の範囲内で表示領域がスクロールします。

画面をタップするとマウスカーソルをタッチ位置に移動した後、左ボタンのクリックがエミュレートされます。 ダブルタップの二回目のタッチ時に素早くドラッグすると、サーバー側でもドラッグ操作が行われます。 二回目のタッチを長押しすると、マウスの左ボタンが押された状態で固定されます。 この状態は次回のタップで元の状態に戻ります。

マウスの右ボタン/ホイール操作は、画面の長押し後にドラッグせずに指を離し、画面の上下左右の入力領域を有効にしてから行います。 画面下の入力領域をタップするとマウスの右ボタンのクリックがエミュレートされます。 画面左右の入力領域のどちらかでドラッグするとホイール回転が、タップするとクリックがエミュレートされます。 画面上の入力領域をタップするとマウスの左ボタンのクリックがエミュレートされます。

上下左右の入力領域は、それらのどれかが使用された時点で、使用されなかった領域は無効になります。 また、通常領域のタップ/Backボタンにより、全領域が無効状態に戻ります。

上記以外の特殊操作として、長押しからの上下ドラッグで画面表示の縮小/拡大が行えます。また、トリプルタップの三回目のタッチを長押しすると、押している間だけ、サーバー画面の全体表示が行われます。

なお、マルチタッチジェスチャーを有効化した場合には、 マウスの右クリックは二本指タップ、ホイール回転は二本指ドラッグ、画面表示の縮小/拡大は三本指ドラッグでも行えます。
- ご注意 -
画面の長押し操作を行うと、マウスカーソルはタッチ位置に移動します。 このため、マウスカーソルの移動のみを行いたい場合にも画面の長押しを行います。

接続画面メニューの「領域指定」実行時には、正確な位置指定を可能にするために、一時的にトラックパッドモードに移行します。

■キーボード入力
「ダイレクトモード」/「マルチタッチモード」では、 スクリーンキーボードのタッチ位置にあるキートップを選択してキー入力を行います。

「ダイレクトモード」では、 キー入力は指を離した時点で選択されているキートップに対して行われます。 このため、表示領域が小さすぎて選択したいキートップを正確にタッチできない場合にも、 選択したいキートップ付近をタッチし、キートップの拡大表示を見ながら正しい位置に指を移動後に離す事で、 希望するキー入力が行えます。
選択したキーをDown状態で固定したい場合には、キーを選択した状態で長押しを行います。 Down状態に固定したキーはそのキートップを選択した状態で長押しせずに指を離す事でUp状態に戻ります。

「マルチタッチモード」では、キー入力はタッチ操作通りに行われます。 つまり、キートップを押した瞬間にその旨がサーバーに送信され、離した瞬間にも、その旨がサーバーに送信されます。
このため、「マルチタッチモード」では、正しい位置をタッチできなかった場合には、意図しないキー入力が発生する事になりますが、Shiftキー+文字キーの様な複数キーの同時押しも行え、また、キーリピートも行われますので、十分に大きな表示領域がある機器では、キー入力操作を簡単化する事が出来ます。

キートップは、英数/かな表示に切り替えられます。 切り替えはスクリーンキーボードにある「表示切替」キーで行います。 「表示切替」キーへの入力は、サーバーには送信されません。
- ご注意 -
Bluetooth接続等により物理キーボードを接続している場合には、そのキーボード入力も サーバーに送信されます。ただし、キーボードによっては正しい文字が入力できない場合があります。

前ページ 次ページ トップに戻る
プライバシーポリシー

© 2012-2016 T.Ishii (t-ishii@js2.so-net.ne.jp)