- Windows10 April 2018 Updateで発生する不具合 -

2018/05/01、作者環境の64Bit版Windows10を April 2018 (1803)に更新した所、
AG-デスクトップレコーダー/AG-Webカメラレコーダー等で出力可能なAVIファイル(MJPEGファイル)に問題が発生する事を確認しました。
具体的には、このファイルをAGMPlayer/AmuseGraphicsで読み込もうとすると、それらのプログラムがクラッシュしました。

ただし、出力されたAVIファイルは他環境 (April 2018に更新していないWindows10/8.1/7)では問題なく再生できました。
また、April2018に更新したWindows10環境では、当該ファイルのエクスプローラでのアイコン表示等にも問題が出ました。(異常な画像になる)
そして、既存のAVIファイルの再生も不可能となりましたので、問題の本質はエンコードではなくデコード処理にあると考えられました。

ネットを検索しても、上記問題についての報告はなかった事から、上記問題が当方環境のみに発生する環境依存問題であるのか、
全てのApril 2018環境で発生する問題なのかの切り分けは出来ておりませんが、当方の別PCでも同様の問題が発生した事から、
調査してみた所、少なくとも当方環境では、WindowsのMedia Foundation用MJPEGデコーダーの挙動に問題がある事を確認しました。

このため、Win7DSFilterTweakerというソフトを使用して「Media Foundation」デコーダーの使用をaviファイル再生時に禁止してみた所、
MJPEGファイルのデコード用にはDirectShow用に提供されているデコーダーが利用される様になった結果として、
前述したAGMPlayer / AmuseGraphics / エクスプローラのアイコン表示の問題はなくなりました。

ただし、この様なツールを利用して設定を変更するとWindows10の挙動が不安定になる可能性も想定される事から、
上記の問題に対する対応としては、Media Foundation用のMJPEGデコーダーの利用を禁止した不具合修正版を提供しておく事にしました。

不具合修正版はAmuseGraphicsのホームページにあるリンクからダウンロードできますので、同様の現象が発生する場合には適用してみて下さい。

なお、前述の通り、根本的な問題はWindowsのモジュールにありますので、近い将来、WindowsのUpdateにより、問題は解決されるかもしれません。
その場合には、不具合修正版の適用は不要になる筈ですが、不具合修正版の利用を続けても、問題はありません。

また、不具合修正版を適用しても、Windowsの挙動は修正されませんので、エクスプローラのアイコン表示等には問題が残ります。
前述の通り、この問題はMedia Foundation用MJPEGデコーダーに原因があると考えられますので、問題の根本的な解決を望まれる場合には、
Windowsの提供元であるマイクロソフトに対してクレームを上げてみて下さい。