- Ver1.4.0の既知の不具合と修正パック -

AmuseGraphics Ver1.4.0には以下の既知の不具合が確認されています。
これらの不具合を修正した実行ファイルは本ページの最後にある「不具合修正パック」のリンクからダウンロードできます。
既存の実行ファイルに上書きして利用して下さい。

なお、通常のリリース版/不具合修正パックに不具合を発見された方は、当方にメールでお知らせください。
可能であれば、短期間での対応も行います。

AmuseGraphics本体(32/64Bit版 AmuseGraphics.exe)
・スレッド数8を越えるCPUでは一部の機能を実行するとクラッシュする。
 →スレッド数が24以上のCPU (Ryzen 9 3900X等)ではプログラムの起動中にクラッシュして立ち上がらない。
 →画像縮小/拡大用のマルチスレッド処理がスレッド数8を越えると正常動作しない場合があるのが原因。
 →Ver1.4.0.1で修正

AGMコンバーター (AGMConv64.exe/AGMConv32.exe)
・AGM形式以外の動画(mp4動画等)や音声ファイルから音声を抽出しようとした場合-ssオプションが正しく機能しない。
 →AGM形式動画以外のシーク時に音声位置の変更を行っていなかったのが原因。
 →Ver1.1.0.1で修正

- 不具合修正パック -

格納実行ファイル:
AmuseGraphics1401\64bit\AmuseGraphics.exe
AmuseGraphics1401\32bit\AmuseGraphics.exe
AGMConv_W1101\AGMConv64.exe
AGMConv_W1101\AGMConv32.exe

ダウンロードページを開く

- ご注意 -
不具合修正パックは、不具合が発見されてから短期間で修正版をリリースする目的で公開しています。
このため、通常のリリース版と比較して、使い込み等が不十分な状態での公開となります。
適用すると新たな不具合が発生する場合もありますので、既知の不具合が問題とならない方は通常のリリース版を継続利用して下さい。
次バージョン(Ver1.4.1)は上記の不具合を修正した状態でリリースする予定です。(2019年中のリリースを予定)