- Ver1.3.2の既知の不具合と修正パック -

AmuseGraphics Ver1.3.2には以下の既知の不具合が確認されています。
これらの不具合を修正した実行ファイルは本ページの最後にある「不具合修正パック」のリンクからダウンロードできます。
既存の実行ファイルに上書きして利用して下さい。

なお、通常のリリース版/不具合修正パックに不具合を発見された方は、当方にメールでお知らせください。
当方の環境で再現できた場合には、可能であれば、短期間での対応も行います。

ただし、再現方法等の詳細が記載されておらず、当方からの質問にもご回答頂けない場合、
メールを送って頂いても、不具合修正に向けた対応は行われません。


また、再現方法等をお知らせ頂いた場合にも、当方環境で現象を再現できない場合には、
通常は、不具合修正は行えませんので、この点についても、ご了承願います。


AG-ムービーカッター (AGMCut.exe)
・音声オフセットを指定したエンコード/無劣化出力が正しく行えない場合がある。(Ver1.3.2.1で修正)
・「音声トラックの別指定」で存在しないファイルを指定した場合にクラッシュする。(Ver1.3.2.1で修正)

AmuseGraphics本体 (AmuseGraphics.exe)
・Windows10で、April 2018 Update適用後、MJPEGファイル(AVIファイル)を読み込ませるとクラッシュする。(Ver1.3.2.1で修正)
→この問題は、April 2018 UpdateのMedia Foundation用MJPEGデコーダーが正しく動作しないのが原因と考えられます。
→このため、Ver1.3.2.1では、問題を回避するため、これを使用せず、DirectShowデコーダーを使用する形態に変更しました。

動画プレイヤー (AGMPlayer.exe)
・Windows10で、April 2018 Update適用後、MJPEGファイル(AVIファイル)を読み込ませるとクラッシュする。(Ver1.3.2.1で修正)
→この問題は、April 2018 UpdateのMedia Foundation用MJPEGデコーダーが正しく動作しないのが原因と考えられます。
→このため、Ver1.3.2.1では、問題を回避するため、これを使用せず、DirectShowデコーダーを使用する形態に変更しました。


- 不具合修正パック -

格納実行ファイル:
AGMCut.exe Ver1.3.2.1(32/64Bit版)
AmuseGraphics.exe Ver1.3.2.1(32/64Bit版)
AGMPlayer.exe Ver1.3.2.1(32/64Bit版)

ダウンロードページを開く

- ご注意 -
不具合修正パックは、不具合が発見されてから短期間で修正版をリリースする目的で公開しています。
このため、通常のリリース版と比較して、使い込み等が不十分な状態での公開となります。
適用すると新たな不具合が発生する場合もありますので、既知の不具合が問題とならない方は通常のリリース版を継続利用して下さい。