- Ver1.2.2の不具合について -

AG-ムービーカッターの「切り出し」-「映像トラック」では「ファイルの種類」で指定する形式と異なる形式でエンコードが行われます。
例えば、WMVを指定した場合、出力ファイルの拡張子はWMVになりますが、データはAGM形式でエンコードされます。

上記への対策として、「切り出し」-「映像トラック」では、WMVでエンコードしたい場合にはAVI、AVIの場合はAGM、AGMの場合はWMVを指定し、拡張子は手入力で変更する様にして下さい。

なお、出力中に表示される進捗表示は正しい形式を表示していますので、出力中のエンコード形式は、この表示で確認できます。
また、出力済みのファイルの形式は、AG-ムービーカッターで読み込み、「ファイル」-「ファイル情報の表示」で確認出来ます。

(この不具合はAG-ムービーカッター Ver1.3.0で修正されています)


AG-デスクトップレコーダーの録画領域は、OSの解像度設定で、「すべての項目のサイズを変更する」を「小-100%(規定)」以外に設定した場合には、指定した領域になりません。

この場合には、AGDRec.exeを右クリックして表示されるメニューから「プロパティ」を選択し、表示されるダイアログの「互換性」タブで、 「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」をチェックして下さい。

なお、AGDRec.exeはフリー版では配布ファイルを展開したフォルダーの中にありますが、AmuseGraphicsでは、通常、c:\Program Files\AmuseGraphicsフォルダーの中にインストールされています。

同様の現象はAmuseGraphics本体でのデスクトップキャプチャー時にも発生しますので、AmuseGraphics本体でデスクトップキャプチャーする場合には、AmuseGraphics.exeについても、同様の対処を行ってください。

上記の対処を行った場合、バージョン情報ダイアログの表示は少し乱れますが、その他のダイアログ表示等の殆どについては、対処前と同様の高DPI対応表示が行われます。

(この不具合はAG-デスクトップレコーダー Ver1.3.0で修正されています)


AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダー等で、音声無しのAGM形式動画のサイズが2GBを越えると正しく書きこめません。

この問題は、AGM形式動画を扱う内部ライブラリのバグが原因の為、AmuseGraphics系ソフト全般で発生します。
この問題の回避策としては、音声トラックが不要な場合にも、ループバック音源等を使って音声トラックも同時に記録する様にして下さい。
音声無しで、2GBを越えるファイルの再生については、Ver1.2.2でも問題なく行えます。

(この不具合はAmuseGraphics Ver1.3.0とその添付アプリでは修正されています)


Ver1.2.2ではAGMPlayerはJavaアプリであるため、Java環境の扱いに対する注意が必要です。
詳細については以下を参照して下さい。

Java8以降でWindows用AGMPlayer(Ver1.2.2.1)を使用する設定
Windows用AGMPlayer(Ver1.2.2.1)が異常に重い場合の確認と対処方法

(Ver1.3.0では、AGMPlayerをネイティブアプリとして再構築したため上記の注意は不要です)