- Windows用AGMPlayer(Ver1.2.2.1)が異常に重い場合の確認と対処方法 -

Windows用AGMPlayerでは通常はDirect3D9を使った表示処理の軽量化を行いますが、最近のWindows環境には、この処理のために必要になるライブラリがデフォルト状態ではインストールされていないケースがあります。Windows用AGMPlayerでは、このような場合にも、GDIを使った表示処理を行いますので、使えない、という事はありませんが、処理はかなり重くなります。

上記の様な状態になっているかどうかは、AGMPlayerの「ヘルプ」メニューの「バージョン情報」で確認できます。もし、上記の様な状態となっている場合には、JNIライブラリフィールドには「未使用」と表示されます。

JNIライブラリが「未使用」と表示される場合、上記したDirect3D9用のライブラリがインストールされていない可能性がありますので、以下のリンクから「DirectX End-User Runtimes」をインストールして下さい。
Microsoft DownloadCenter

なお、同様の状況は、ドキュメント\AmuseGraphics\AGMPlayer\agmplayer.startファイルが正しく設定されていない場合にも発生します。

このため、JNIライブラリが「未使用」と表示される場合には、agmplayer.startファイルの内容も確認して下さい。 特に、Java8以降では、agmplayer.startファイルの設定は手作業で行う必要がありますので、Java8以降を使用されている場合には、 以下を参考にして正しいagmplayer.startファイルを作成する様にして下さい。

Java8以降でWindows用AGMPlayerを使用する設定