- Java8以降でAGMPlayer(Ver1.2.2.1)を使用する設定 -

Java8以降の環境でAGMPlayerを利用する場合、ドキュメント\AmuseGraphics\AGMPlayerにagmplayer.startファイルを手作業で作成する必要があります。agmplayer.startにはメモ帳等のテキストエディタで使用するjavaw.exeの絶対パスを使った一行のテキストを以下の様に記述します。

[使用するJavaがVersion 8 Update 31の場合の記述例]
c:\program files\java\jre1.8.0_31\bin\javaw.exe -Xms64m -Xmx128m -jar agmplayer.jar

絶対パスが必要になる理由は、java\xxx\bin内にあるjawt.dllが実行時に必要になるため、binフォルダーをdllファイルの検索対象とするためです。

このため、上記のbinフォルダーを環境変数のPATHに指定してある場合には、絶対パスは必要ではありません。 また、上記のjawt.dllファイルを元々PATHに含まれるc:\windows\system32等のフォルダーにコピーしておけば、同様に絶対パスは必要なくなります。

なお、AGMPlayer実行時に上記のjawt.dllが見付らない場合、JNIライブラリが読み込まれません。 JNIライブラリが読み込まれない場合、性能は大きく劣化しますので、この場合には、agmplayer.startが絶対パスを使って正しく記述されているか確認して下さい。