AG-ムービーカッター オンラインヘルプ


【動作環境】
本ソフトは以下の条件を満たすPCで利用できます。

OS: Windows7以降 (32/64Bit)
CPU: SSE2命令が実行可能なx86/x64 CPU

本ソフトで作成するAGM形式動画ファイルはWindows以外の下記環境でも再生可能です。
また、Windows環境でもAGM形式動画にネイティブ対応するAGMPlayerが利用できます。

Android:
Google PlayのAGMPlayerページ 野良アプリ版

OSX:
AGMPlayer for Macダウンロードページ

Ubuntu:
AGMPlayer for Ubuntuダウンロードページ

Windows:
AGMPlayer for Windowsダウンロードページ

- ご注意 -
本ソフトは、WindowsのMedia Foundation用にコーデックが提供されている場合、
そのコーデックを利用したMP4へのハードウェアエンコードが行えます。

通常、第2世代以降のCoreiシリーズにはGPU機能以外にQSV機能も内蔵されており、
これらのCPUを搭載したPCでは、内蔵GPU用デバイスドライバと共に、
上記の様なハードウェアエンコード用コーデックもインストールされています。

このため、最近の一般的PCでは、QSV H.264 EncoderによるMP4変換が可能ですが、
本ソフトでハードウェアエンコード機能を利用する為には、Windows8以降が必要です。
(Windows7でも標準ソフトエンコーダーによるMP4変換は可能です)

通常、本ソフトはDirect2Dが利用可能な環境では映像をDirect2Dで描画します。
ただし、描画が不安定な環境用に強制的にGDI描画に切り替える機能も用意しています。

GDI描画にしたい場合には、GDIDraw.datという名称のファイルを作ってください。
本ソフトが参照するのはファイル名だけですので、内容は空でも構いません。
このファイルを本ソフトのexeファイルと同じフォルダーに置くとGDI描画になります。
GDI描画が行われた場合には「バージョン情報」ダイアログにその旨の表示が行われます。

トップに戻る 次ページ