AG-ムービーカッター オンラインヘルプ


【動画の切り出し】
本ソフトでは、読み込んでいる動画の時間領域を指定して切り出す事ができます。
この機能を利用すれば、実質的に動画を分割する事も出来ます。
この場合にも、オリジナル動画はそのまま残されます。

■時間領域の指定方法
時間領域の指定はコントロール領域の「S」「E」ボタンを使って行います。
対象領域の開始位置で「S」ボタンを押し、終了位置で「E」ボタンを押します。
それぞれの指定を解除する場合には、再度それぞれのボタンを押します。
- ご注意 -
「S」「E」ボタンが押されていない場合、動画の開始/終了位置がそれらの代用として使われます。
このため、動画領域の後半/前半指定は「S」「E」ボタンの片方のみを使用して行えます。

■動画の切り出し方法
動画の切り出しは「切り出し」メニューの「動画 [無劣化]」か「動画 [エンコード]」で行います。

「動画 [無劣化]」では再エンコードが行われないため、画質劣化はなく処理時間も短くて済みます。
ただし、出力される映像/音声はオリジナル動画と同一になり、トリミング等の調整は適用されません。

「動画 [エンコード]」では再エンコードが行われるため、画質劣化が発生し処理時間もかかります。
ただし、出力される映像/音声にはトリミング等の調整が適用され、速度変更も行えます。

速度変更機能は、出力形式指定ダイアログ上の「速度変更」をチェックした場合に有効化されます。
指定可能な倍率は0.1〜100倍で、「ピッチ補正」をチェックするとピッチ(音の高さ)の変化を防げます。

「動画 [エンコード]」の出力形式は切り出し前にダイアログ指定できます。
指定可能な形式は「映像出力」と同一です。
- ご注意 -
「動画 [無劣化]」はオリジナル動画の形式によって利用できる場合とできない場合があります。
通常、オリジナル動画の形式がAGM/WMV/AVI形式の場合には利用可能で、それ以外の場合には利用できません。
また、「音声トラックの別指定」が行われている場合には、上記の形式でも利用できなくなります。

速度を1.0倍未満にすると、出力動画の時間は長くなりますので、切り出し処理には、より時間がかかる様になります。
0.5倍以下にして「ピッチ補正」を適用すると処理は更に重くなり、切り出し時間はよりかかる様にになります。

■動画の逆再生切り出し方法
動画を逆再生して切り出したい場合には「切り出し」メニューの「動画 [逆再生]」を使用します。
ただし、逆再生切り出しが行える動画はAGM形式動画に限られます。

通常、逆再生切り出し時には、通常の切り出し時よりも処理負荷が何倍にも増加します。
これは、切り出し対象の各フレームをキーフレームから順番に辿って生成して行く必要が出てくるためです。
処理負荷を減らしたい場合には、まず、対象領域を全フレームをキーフレームにしたAGM形式動画として切り出して下さい。
その後、そのAGM形式動画を逆再生切り出しすれば、フレーム生成が容易となっているため、高速に処理させる事ができます。
- ご注意 -
AGM形式動画の全フレームをキーフレームとする設定は、「オプション」-「エンコード設定」-「AGM形式設定」で行います。
ここで、「キー周期」に「1」を設定すると、全フレームがキーフレームになります。
ただし、全フレームをキーフレームにすると、圧縮率は低下しますので、通常は、デフォルト設定で使用される事をお勧めします。

■動画の分割方法
動画を分割したい場合には、以下の様なステップを踏みます。

1.最初の領域の最後で「E」ボタンを押します。
2.その領域に移動して動画を切り出します。
3.「操作」メニューの「終了マークへ」を使って「E」ボタン位置に移動します。
4.「E」ボタンを押して指定を解除し、その位置で「S」ボタンを押し、次の開始位置に指定します。
5.次領域の最後に移動して「E」ボタンを押します。
6.その領域に移動して動画を切り出します。

上記の3〜6を繰り返せば、任意の分割数で動画を分割出力できます。

トップに戻る 次ページ